FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

疲れにくい革靴。「走れる」ほど快適な4足をピック

革靴は靴擦れが怖い。馴れれば大したことないけど、肝心なのは馴れるまで。休日も革靴を履きたいけど、それが弊害してどうしても手付かず。それでも革靴を履きたいという方は、今回ご紹介する「走れる革靴」にトライしてみては。

スニーカーソールで履き心地抜群

normal_98593943-1

MANEBU – UKI SUEDE MENS ¥17,064(税込)

ドレッシーなウイングチップに、スエードアッパーを掛け合わせたクラシックな一足。ソールに『MANEBU』オリジナルの軽やかなスニーカーソールを採用しています。

そのため、履き心地はスニーカー同然。まさに革靴とスニーカーのいいとこ取りを実現した革靴というわけです。

クラシックなボリュームスニーカー

normal_98593943-1

ORPHIC – HELLION PREMO ¥37,800(税込)

お次も革靴とスニーカーのハイブリット型シューズ。ウイングチップのアッパーに、vibram社製のボリュームソールを合わせた新鮮なデザインが特徴です。

見慣れた革靴のディテールだけに、「それどこの?」と聞かれること間違いなし。もちろん、履き心地も楽チンです。

革靴をそのままスニーカーに

normal_98593943-1

EDIFICE – ドレススニーカー プレーントゥ ¥19,440(税込)

思わず普通の革靴と見間違えそうな『EDIFICE』のドレススニーカー。細身のラストを採用しシャープなシルエットに仕上げたことで、スニーカーの要素を持っていながら、大人な足元を演出してくれます。

素材にはしっかりと高級感溢れるエンボスレザーを使用。大人感をより引き立てています。革靴愛好家も気になる存在?

柔らかい革が楽チンなんです

normal_98593943-1

ALFREDO BANNISTER IN – 踏み履きプレーントゥシューズ ¥22,680(税込)→¥20,480(税込)

『ALFREDO BANNISTER IN』の、こちらのプレーントゥスニーカーは、スニーカーの性能を持ち合わせたハイスペ品。アッパーには足馴染みを考えて柔らかい革を使用し、インソールにはランニングシューズ用を搭載。もはや革靴の域を超えてます。

さらに、蒸れやすい今の季節に嬉しい吸湿速乾までも備えています。至れり尽くせりの一足を、ぜひセールプライスで。

ビジカジはフォーマルさとカジュアルさのバランスが大切。いい塩梅のアイテムを揃えていきましょう。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  2. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  3. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. 一着は欲しい、メンズ「スプリングコート」。プロが至高の10ブランドを厳選