FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

サイクルウェアをファッションとして楽しむ。独創性溢れる『Ccp』のショーツ

夏になると衣服に求めてしまう機能性。より軽く、より快適に。「オシャレは我慢」とする人からすれば堕落と言えるのかもしれません。

さて、絶賛堕落中の今夏見つけたのは、サイクルウェアブランド『ccp』のショーツです。その名も「ハイキッカーショーツ」。…かっこいい。堕落するかは人それぞれ。スーパー、ハイパーなどの類の言葉は男の永遠です。

生地には柔らかくて軽い、かつドライでストレッチ性のあるドライツイルワッシャーを使用。左右には腿を180度覆うほどの大きなポケットを、おまけに右側にはモバイル用のポケットを、よくトイレにいくお酒好き必携のスピンドル仕様と、軽快な夏を楽しむ要件をたっぷり備えます。

そうそう。ccpといえば、ゼロから生まれる独自性が最大の魅力です。紹介してくれたショップの店員さんも、

「立体的なパターンメイキングに独創的なパーツ、そして動きやすさを考慮しながらも洗練されたシルエットは流石の一言」

と、褒めちぎります。

とは言っても、その出自はサイクルウェア。ファッションアイテムとして解釈するなら、画像にあるようにポロシャツなどと合わせてコントラストを楽しんでみてはいかがでしょう。自堕落な夏のコーディネートをキリッと整えてくれるはずです。

Lampa
東京都杉並区高円寺南4-8-1

MORE FOR YOU

スウェット上下はカラー選びが大事。今欲しいのは〈スポーティアンドリッチ〉のセットアップ
アメリカの古着屋って最近どんな感じ? #編集部のラジオ
大人のミリタリーウォッチ。どっちの別注を選ぶ?
EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。
初買いのニット帽は〈イノウエブラザーズ〉のリブハットでした。 #ととのいま品
ヘビーデューティーで再注目。「シエラデザインズ」のマウンテンパーカーが着たい!

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選