FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

〈JOURNAL STANDARD〉に、秋にぴったりなMA-1型シャツが登場。

台風も去り、9月が近づいてほんの少しずつ秋に向けた装いが気になる時期になりましたね。

JOURNAL STANDARD では、シューズから羽織物まで毎日続々と新しい商品が入荷しております!

その中でも、今までになかった新しいデザインの羽織物を神戸店からご紹介いたします。

その名も「SHIRT MA-1」。

MA-1 といえばミリタリー特有の野暮ったさやリブの効いた裾や袖。ナイロンファブリックのツルッとしたシェルやウェストのスナップポケット。

そういった男心くすぐるディティール満載のアウターをイメージすると思います。

この NEW モデルは、そのディティールを残しつつモダンで都会的な要素も取り入れた、全く新しい羽織物です。

ナチュラルなゆるさの出るラグランスリーブ。レイヤードのしやすいボックスシルエット。

ロールアップすれば、それはもうシャツのような袖周り。

Tシャツに羽織るだけで様になるこのデザイン。

「SHIRT MA-1」¥14000+TAX
「INNER」¥5500+TAX
「CHECK PT」¥11000+TAX
「SHOES」¥6900+TAX
「BAG」¥12500+TAX
「CAP」¥5000+TAX

アメリカのカフェで休日に野球観戦をする、トラディショナルなダッドをイメージしたスタイリング。もちろんドジャーズファンです。

シャツ地に変わるだけで快適でクリーンな印象になるので、これから長くお付き合いできるアイテムではないでしょうか。

同生地でストライプも展開しております。

「ストライプMA-1」¥16,000+TAX
「INNER」¥7500+TAX
「PANTS」¥11,000+TAX
「SHOES」¥9,990+TAX

ポップなカラー小物やスリムパンツと合わせてストリート風に。

コーチジャケットのような雰囲気も感じさせるデザインは、着方次第でどんなスタイリングにも組み込める万能アウターにもなるでしょう。

まだ先にはなりますが、秋の装いの一つとして是非、お試しになってください。

元記事を読む

JOURNAL STANDARD 神戸店

スタンダードなオリジナルアイテムと国内外の旬なブランドをミックスした独自のセレクトで、カテゴリーに捉われないグローバルな商品と情報を提案、提供します。常に世界のトレンドやニュースを取り入れたアイテム(JOURNAL)とベーシックアイテム(STANDARD)をミックスし“今”を表現するショップです。

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド