FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

より本物の革靴のフォルムへ 新感覚のレインシューズブランド RAINMANが良い感じです

10078792_145_D_500-1

多くの人が悩んでいるだろう、雨の日のシューズ選び。一番ポピュラーなのがレインブーツ(長靴)を履くという方法ですが、メンズはレインブーツとのコーディネートが難しく、結局我慢していつもの靴を履いてしまうという人が多いのではないでしょか?(そして、足元が大変なことに…)

そんなときにあると便利なのが、普段のファッションとも合わせやすいレインシューズです。普段履いてる靴と見た目は変わらないのに、防水性がある。そんなレインシューズが1足あると、梅雨の時期は勿論、オールシーズン活躍してくれること間違いなしです。

しかし、デザイン性の高いレインシューズほど探しても見つかりにくいもの…ということで、今回もSTYLER MAGがおすすめのレインシューズを見つけてきたのでご紹介していきたいと思います!

10078792_B_07_500

第一回に紹介するのは、“日常で履ける本格派レインシューズ”をコンセプトにビジネス、タウンユースとして違和感なく履けるレインシューズを展開するRAINMANです。

RAINMANでは革靴を手にした時と同様の満足感を得られるよう、通常のレインブーツの作業工程に比べて何倍もの手間と時間をかけ一足を製作しているそう。そのため市場に多く出ている“ディティールは良くても質感がゴムっぽいレインシューズ”と比べ、ほとんど革靴と大差ないほどの見た目、質感となっています。

定番として展開しているのはダービーシューズタイプのBARRYと、カントリーブーツタイプのDUSTIN。両型とも防水のためにアッパー部分はPVC(塩化ビニル)を使用していますが、タン部分だけは履き心地に関わるためPU(合成皮革)を使用しているそうです。

また、通気性の無いレインブーツは非常に蒸れやすいので、インナー材には抗菌防臭・防カビ機能を備えた超耐久性ライニング材【オルエモ®】を採用しているよう。レインシューズは長時間履くことを考慮されていないモデルが多いので、こういう仕様なのは嬉しいですね。

カラー展開はBLACK、BROWN、NAVYの3色ですが、各カラーごとに3種類のソールが用意されているのでバリエーションは豊富。そして、このハイクオリティな仕上がりで1.7〜1.8万というプライスもかなり嬉しいところかなと思います。

まだ梅雨に入るには1ヶ月ほどありますが、最近雨が多いのでレインシューズを探している人も多かったのではないでしょうか?STYLER MAGでは定期的にレインシューズを紹介していきたいと思いますので、次回もお楽しみに!

雨の日にもスタイルを崩すことなく履けるレインブーツをご紹介します。
1万円以下!?雨の日に使えるコスパ最強のフランス産サイドゴアレインブーツ『UMO』

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド