FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

秋冬は“赤”を楽しみませんか?苦手な人でも取り入れやすい“赤”のアイテムをご紹介します。

IMG_8569-1024x682

重ねても2枚しか着ることがない春夏に比べ、着る枚数が多くなるために着こなしの挑戦心をくすぐってくれる赤。そのまた一方で苦手意識の文脈で語られることが多い赤。いずれにしてもその派手さが原因で敬遠されがちなんですよね。でもその壁は一歩抜きん出ることの与件です。

ということで今回は、赤は赤でも派手すぎず取り入れやすい赤のアイテムをご紹介。着る枚数が多い分、より赤が近い存在になるはずです。ではご覧ください。

赤が苦手な人でも何かとハマってくれる有能な一着

IMG_8627-682x1024

NEEDLES – CUTOFF CREW NECK SHIRT ¥21,600 (tax inc.)

学芸大学のセレクトショップLINKSの酒井さんがオススメするのは、『NEEDLES(ニードルズ)』のカットオフクルーネックシャツ。ノーカラーシャツとカーディガンをミックスしたようなシャツには、アクリル・ポリエステル・ウールをこれまたミックスした秋冬向きの素材を使用。

さらにその素材をシャギー加工で美しく光沢のある毛並みの揃えることで、派手な印象の赤をどこか柔らかい雰囲気になっています。前立はやや右側に設定されているため、開閉して異な趣を楽しめるのも重ね着の季節のポイント。着易く、そしてアクセントにもなる、有能な一着です。

この商品の詳細はこちらから(Replyを見る)

質実剛健が止まらない今季注目のバッファローチェックシャツ

normal_6ba8b3cf

CAMCO – HEAVY WEIGHT COTTON FLANNEL SHIRTS ¥9,180 (tax inc.)

三軒茶屋のSEPTISの小山さんがオススメするのは、『CAMCO(カムコ)』のヘビーウェイトフランネルシャツ。今シーズンのトレンドの動きからして、先にご紹介したバッファローチェックのネルシャツと同じく取り入れたい一着です。

価格はお手頃そのもの、デザインは至ってシンプル、作りは質実剛健。第一ボタンを開けても収まりが良くなるように設計された襟型に加え、生地を斜めにとりバイアス地で装着された両胸のポケット、ヘビーな生地に負けないしっかりとしたプラスチックボタンといった細かい部分へのこだわりが満載のシャツです。鉄板のデニムはもちろん、ブラウン系のコーデュロイパンツにタックインしても面白いかもしれませんね。

この商品の詳細はこちらから(Replyを見る)

オペラシューズに寄せた淡いトーンの赤が程よいスリッポン

normal_f11d875b

Chubasco – LILY別注 Slip-on ¥18,900(tax inc.)

代々木上原のLILYのkatoさんがオススメするのは、『Chubasco(チュバスコ)』の同店完全別注のスリッポン。メキシコの職人に依頼したハンドメイドの一足です。

アッパー全面に配された赤は、派手さが残っていない深い赤なので、保守的になりがちなこれからの季節、足元から気分を変えてくれる一足になりそう。柔らかいスエード生地なので靴擦れしにくいのもポイントです。

この商品の詳細はこちらから(Replyを見る)

いかがでしたか?赤はきっと着たことがないカラーに分類される人も多いはず。一度着てみて担当スタッフからアドバイスを受けてみるのが吉です。どうぞ赤を楽しんでください!!

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】ポーランド発バッグブランドのガチめなバックパック。
【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品
【SHOP BLOG】国産ならではの完成度。ジャックマンの定番スウェットとパーカーが入荷しました

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選