FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

デニムを買うなら今が旬?冬に買うべき理由とオススメデニムをご紹介。

R0364_2

通年穿けるボトムの筆頭候補であるデニム。ただ通年穿けるからこそ、いつ買ってもいいやと思いがちで、なかなか買うタイミングが掴めないアイテムでもあるんですよね。でも表題通り、実は冬に買うのを弊メディアは推していきます。

というのも、デニムといえばやはり穿き込んで育てるのが醍醐味。四季なんてないんじゃないかと言われ始めた日本にあって、夏はおろか春も秋も暑くなってきたのだから、色移りを起こしてしまったり黄ばみの原因にもなる“汗”を気にせず穿きこめるのは冬だけな気が…。つまり今が買い時。今からがっつり育てれば、春をいい感じの色味でお迎えできるわけです。

R0364_1

the Hill-Side – Blue Jean ¥21,600 (tax inc.)

そこで今回ご紹介するのは、代官山のROOTの伊藤さんが提案してくれた、NY生まれの『the Hill-Side(ザ・ヒルサイド)』が送る岡山育ちの5Pデニムジーンズ。1950年代の名作 501xxをベースにしたシルエットで、往年のデニム好きにはたまらないゴワつきある肉厚な生地は、アンティークシャトル機で織り上げられたもの。ヴィンテージデニムへのリスペクトに溢れた一本ですが、それでいてこのお値段。デニム玄人にも初心者にも胸を張ってオススメしたい名品です。

近年、デニムといえばリーバイス一択感もありますが、こういうブランドも実はとんでもなくいい品を作っているんです。それもこれもデニムの父であるリーバイスがあってこそなのですが、それを越えようとするのが時代の必然なわけで。ということで、ぜひ代官山ROOTまで実物を見にいってみてはいかがでしょう。

Text.ライターA

MORE FOR YOU

異世界転生スタイリング、アークデレクス…過去の「ボツ企画」を振り返る #編集部のラジオ
白パンツ入門。エースドロップのペインターパンツ #ととのいま品
【SHOP BLOG】あったらいいなを形にした、エルエルビーンのポーチ付きグローサリートート
新人発掘? アディダスの「レスポンス CL」#今週の一足
締め付けからの解放。レイルロードのだるだるなソックス #ととのいま品
【SHOP BLOG】キャップ?ハット?〈ミーンズワイル〉のユニークなヘッドウェアが入荷です。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで