FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

汎用性の高さが売りです。秋にオススメのシンプルなスウェット・パーカーを集めてみました。

秋や初冬、コートを羽織るほどでもない気温のとき地味にトップスに困りませんか?そういうとき、一枚で着られるスウェットやパーカーがあるとかなり重宝してくれるんです。

そこで、今回は汎用性の高いスウェット、パーカーをご紹介します。シンプルなデザインでコートのインナーとしても活躍してくれるものが揃っているので、ぜひご覧ください。

クリーンなシルエットと拘られたディティールが光るパーカー

ss00133
REIGNING CHAMP – Pullover Hoodie ¥21,060 (tax inc.)

代官山のセレクトショップ、ROOTの岡村さんが提案するのは、『REIGNING CHAMP(レイジングチャンプ)』のプルオーバーパーカー。様々な有名ブランドのOEM生産を行い、カナダ・バンクーバーの自社工場で一貫して生産している同ブランドのパーカーは、フラットシーマー、脇のリブ切り替え、フード裏のリブ使いなど、他ではなかなか拝見することのできないディティールが目を引きます。生地、着心地の良さともに最高のクラフトマンシップが詰まったアイテムです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ストリートを感じさせるフリースパーカー

ss00134
ESTNATION – プルオーバーフリースパーカー ¥24,840 (tax inc.)

ESTNATIONの小林さんが提案するのは、『ESTNATION(エストネーション)』のフリースパーカー。両サイドに充てられたジップや大き目のシルエット、後身頃が少々長いシルエットなど、モダンかつストリートの風合いを感じさせます。温かみのあるフリース素材を使用しているため、保温性は抜群です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

胸元のブランドロゴとシンプルなデザインのパーカー

ss00135
90Clothing – Hooded Sweatshirt ¥10,800 (tax inc.)

JOURNAL STANDARD 渋谷店の志村さんが提案するのは、『90Clothing(ナインティクロージング)』のパーカー。90年代にストリートブランドとして台頭した同ブランド。こちらは、大きく施されたブランドロゴが印象的で、すっきりとした細めのシルエットに、アーム部分はゆとりを持たせたデザインになっています。スキニーなどの細身のパンツやワイドパンツと組み合わせても◎。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

前身頃のチェック柄と映えるV字ガゼットが魅力的なスウェット

ss00136
QBISM – チェッククルーネックスウェット ¥29,160 (tax inc.)

ÉDIFICE TOKYOの大橋さんが提案するのは、『QBISM(キュビズム)』のチェッククルーネックスウェット。2013年にスタートしたフランス発の新鋭ブランドで、こちらはスウェットではなかなか見られない前身頃のチェック柄が特徴的です。また、ラグランスリーブ、V字ガゼットで別素材を使用しているのもポイント。まさに存在感のある一枚です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。

Text.スタイラー編集部

 

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品
【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド