FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

そろそろご機嫌なソックスを用意しておきましょう。編集部が気になる5足。

端境期と呼ばれるこの時期。この宙ぶらりんな物欲の矛先はソックスに向けてみてはいかが。スニーカーブームもあり、なにかと足元に目を向ける(そして目を向けられる)ことの多い昨今。なにより靴・ソックス・パンツの3者共演による極上のマリアージュができた際は一人微笑んでしまうものです。

今回はその参考に、5足ピックアップ。春に向けてちょっとご機嫌なカラー・デザインのものを集めましたよ。編集部が粛々と更新している「勝手にソックス名鑑」もあわせてどうぞ。

Mauna Kea/102170P LOW GAUGE PASTEL RIB SOCKS ¥1,320

サンダル履きたい欲高まる。

明治時代以降から続く靴下専門ブランド〈マウナケア〉からは、春にぴったりなパステルカラーをピックアップ。特別な編み機によるざっくりとした雰囲気がなんとも魅力的で、春は真っ先にサンダルに合わせたい。もっと言えばビルケンの「ボストン」などの素朴な一足がいいですね。厚みもあり丈夫なので2,3カラー揃えてヘビロテに備えたいところ。

詳細をチェック!
Mauna Keaのソックス

CHICSTOCKS LINE SOCKS ¥1,980

妄想広がるストライプ。

靴下生産量が日本一の奈良県。中でも医療用ソックスの基準を満たす工場で作られているのが〈シックストックス〉の一足。履き心地はもちろんのこと、縦に走るラインのみでファッション性を高めているのが同ブランドのセンスの証。ちなみにコンセプトは“ソックスからその日のスタイリングを考える”。次に持ってくるべきパーツはブラウンの革靴でしょうか。その他のカラーもコーディネートの妄想が広がります。

詳細をチェック!
CHICSTOCKSのソックス

ROSTER SOX/NYロゴ ソックス ¥1,980

NYでチューニング。

野球ネタに事欠かない〈ロスターソックス〉からはアメリカンな風を感じる一足が。ネイビーにホワイトカラー、さらに「NY」と、ヤンキースを意識してのことでしょうか。どんなコーディネートでもアクセントとして十分すぎる働きをしてくれますが、スポーティなスタイルでこそ本領を発揮してくれそう。願わくばニューエラとのチューニングを楽しみたい…!

詳細をチェック!
ROSTER SOXのソックス

essential sox ES-01/エッセンシャル2パックソックス ¥2,200

ドレスヒッピー。

先ほどと同じく、こちらも奈良県の工場で作られたセレクトショップ〈417エディフィス〉のオリジナル。1パック、2足入りです。数種あるカラバリからピックアップしたのは、盤石なホワイトとド派手な蛍光イエローの組み合わせ。ソックスのリブはハイゲージ寄りで、革靴との相性も良さそうです。基本的なブラック・ブラウンの他、ネイビーなんかと合わせた日にはステキな足元の完成。

詳細をチェック!
417オリジナルのソックス

LASTRESORT AB/Eyes Socks¥1,980

ちょっと覗くだけ。

ジワジワと足元に選ぶ人が増えている〈ラストリゾート〉からは、ぜひとも同ブランドのスニーカーと合わせたいソックスが登場。せっかくのポップなアイコンですが、ことさらにアピールするべからず。足元からチラッと覗くくらいがちょうどいいのです。個人的にも所有しておりますが、その実、履き心地は抜群。生地はふっくらしており、柔らかく足を包み込んでくれます。さすがはスケーターが手掛けるブランドといったところ。足元を構成するパーツに抜かりありません。

詳細をチェック!
LASTRESORT ABのソックス

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド