FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

スポサンの影にはいつも…白の次にチェックしておきたい柄物ソックスとは?

「スポーツサンダルに合う柄の入った靴下を探しています。」

ブランドやショップが別注をかけた数からも、いよいよ本格的に盛り上がりを見せ始めたスポサン。ビッグTに負けじと今年のマストアイテムに浮上してきたアイテムです。でも実はその影に隠れながらも同列に扱っていきたいのがソックス。

冬から春にかけてはチラ見せとしてのソックスでしたが、視認する範囲が広がったので次は柄で遊んでいきたいところです。“ガラガラヘビがやってくる”…では、どうぞご覧ください。

・これで匂いとおさらば?手作業で作られたハイスペックなソックス

normal-2

代官山ROOTが提案するのは、『FICOUTURE(フィクチュール)』のソックス。さて、機能性に長けたバッグなどを展開するブランドが提案するソックスとは…?

「NASAのために開発されたアウトラストに、リネンをミックスしたソックス。蒸れにくく、アーチや踵のサポートなど、足をサポートする機能を計算したデザインに考えています。最大のポイントとしては、温度調整機能があるといった点でございます。人間が一番快適に感じる肌の表面温度は31 ℃〜33℃に保たれていると言われ、常にその温度を保つ機能を持ったハイスペックなソックスになります。スポーツサンダルに映える2トーンに切り替えられたカラーリングもお勧めしたいポイントです。」

詳しくはこちらから。

・柄も相性抜群。“スベら”ないソックス

normal-1

Shabby&Industrialが提案するのは、『CHUP(チュプ)』のソックス。一目でスポサンとの相性の良さを予感させますね。さて、そのポイントとは…?

「当店のオススメは日本のソックスブランドのCHUPの靴下です。こちらは爪先、踵とハンドリンキングで行い、立体的に編まれている為に踵や爪先が靴の中でずれる事が非常に少ない優れた靴下です。ずれないという事で靴擦れなども起こしにくく、足は第二の心臓とも呼ばれる位細かな血管が多く通っているので、ファッション性の有るものを所有していると非常に便利です。柄もクラシカルでアウトドア的な自然をイメージ出来るものですのでスポーツサンダルとの相性は良いと思います。」

詳しくはこちらから。

・王室も認めた防縮性能に長けたソックス

normal
学芸大学のLINKSがオススメするのは、『Corgi(コーギ)』のソックス。王室御用達としての称号ロイヤル・ワラントを得ているのでも有名ですね。さて、そのポイントとは…?

「ほとんどのメーカーが機械により大量生産する中、今でも職人による手作りにこだわるCorgi。一部機械を導入していますが、靴下のつま先部分についてはすべて職人が手でリンキングすることにより、ゴツゴツとした感触が残らないようにしています。Style 1831はイタリア製の”MERCERIZED COTTON”(マーセライズコットン)を使用。通常の綿糸より防縮性能が良くなり洗濯のさいの毛羽立ちもおさえられます。」

詳しくはこちらから。

・アウトドアブランド×スポサン=◎

normal

代々木上原のLILYがオススメするのは、『WILDERNESS WEAR(ウィルダネスウェア)』のソックス。履き心地に定評があるブランドですね。さて、そのポイントとは…?

「アウトドアブランドならではの配色はスポーツサンダルとの相性も抜群です。主張しすぎないけれどアクセントになる。また、機能を重視している為、快適にはいていただけるアイテムです。」

詳しくはこちらから。

いかがでしたか?消耗品としての趣が強いアイテムでしたが、何やら重要な役目を担ってそう…。体に良いとされるスポーツが出自のサンダルとも当然相性が良さそうです。気になった方はショップの方にメッセージをしてみてください。

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05
防水スニーカーではなく「防水スプレー」で梅雨を乗り越える #編集部のラジオ
これぞ、ザ・サンダル。ビルケンシュトックのアリゾナ #今週の一足
いつものスニーカーを梅雨仕様にチェンジ。ジェイソンマークの防水スプレー #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選