FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

季節感は色味で手に入れる。名ブランドが送る、春に着たいブルーのトップスをご覧ください。

暦の上では春到来、花粉も飛んだりなんかして、次の季節にそわそわしちゃう如月の頭。せっかく四季があるのだから、ファッションでも季節感を入れた方が、生活も楽しくなってくれそう。

そこで今回はショップスタッフが提案してくれた、春に着たいブルーのトップスをご紹介。新緑と桜のピンク、それにブルーのトップスを合わせればまさに“青春”。でも青臭くない大人なアイテムたちなので、ぜひご覧くださいませ。

ブランドらしさ全開の、将来古着になるパーカー

normal_ee89cf11

REMI RELIEF – インディゴタイダイリメイクフードプルオーバー ¥21,384 (tax inc.)

名古屋のセレクトショップ Synapse natifのフジイさんが提案してくれたのは、『REMI RELIEF(レミレリーフ)』のインディゴパーカー。古着ならではの趣を再現する、ヴィンテージ好きからも好評を得ている同ブランド。ポイントは染めだけに限らず、そもそもの生地やダメージ加工まで、細部にわたってこだわりが詰め込まれています。写真のように丈の長いインナーを噛ませて、ペインターパンツなど合わせたいですね。

王道×名店の、オフェンシブなスウェット&パーカー

normal_4cebff6e

EDIFICE – EDIFICE別注championスウェット/パーカー ¥11,880 (tax inc.)/¥12,960 (tax inc.)

EFIFICE銀座店の坂田さんが提案してくれたのは、良質な商品構成で人気を博す『EDIFICE(エディフィス)』が、スウェットの代名詞的ブランド『Champion(チャンピオン)』へ別注したインディゴ染めのスウェット・パーカー。この2社のダブルネームというだけでも食指が動くのに、独自に染めを施しているあたり本気具合を感じます。着込むほどに自分だけの色落ちが生まれるので、育てるつもりで着倒してください。

いかがでしたか?気になるトップスがあった方はぜひ担当スタッフに質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

Text.ライターA

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】チェコ軍のカモ柄フィールドコートなら周りとはかぶりません。
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/27~3/05】
【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド