FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

続・半袖シャツなんて着ないという人にオススメしたい、上品に着られる丈長めのシャツ。

「キレイめに着れるロングのシャツをお願いします。予算はとくになしです。」

大人になると自然とシャツがワードローブに加わってくるもの。あれだけ苦手だったのに、いざ着始めてみるともうシャツが欠かせない…なんて人も意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は夏でも長袖シャツ派という人にオススメしたい、上品に着られる丈が長めのシャツをご紹介します。「もっと知りたい」と思った方は担当のスタッフにメッセージすることもできるのでぜひやってみてください。夏のシャツスタイリングが楽しくなること請け合いです。ではどうぞ!

・コートのように綺麗に着れるシャツ

normal-1

palmedor – UNEVEN SHIRTS ¥21,600(tax.in)

AKALIの早水さんが提案するのは、『palmedor(パルムドール)』のUNEVEN SHIRTS。一枚で着たときのポケットにデザイナーの配慮を感じます。さてさらなるそのポイントとは…?

「ドレスシャツ等によく見られる箇所をオマージュし、ワッフル地とシャツ地を掛け合わせたロングシャツはいかがでしょうか。衿と胸部分はヨークを100番糸の糸で作られた高密度のシャツ地を使用して、表情に変化をつけています。ロングシャツなどのポケットは通常、腰辺りに配置されることが多いですが、今回はバスト周りにつけているので、コートのような見え方になります。」

・発想が新しいロングシャツ

normal

NO CONTROL AIR – 100/1コットンタイプライタープルオーバーロングシャツ ¥17,280 (tax.in)

wienの高田が提案するのは、『NO CONTROL AIR(ノーコントロールエアー)』の100/1コットンタイプライタープルオーバーロングシャツ。シャツがレ、レイヤード?!さて、その心は?

「wienからはNO CONTROL AIRの100/1コットンタイプライタープルオーバーロングシャツをご紹介させて頂きます。打ち込みの良いコットンタイプライター素材を使用。背中に施されたダーツ、ラウンドした裾等細かいパターンニングが特徴的。シャツを被りにするという発想によりコーディネートの幅が広がるアイテムです。製品洗いによる独特のシワ感が◎。」

・上品にイージーに着こなせるシャツ

normal-2

Audience – スーピマタイプライターナショナルコスチュームレギュラーカラーL/Sシャツ ¥8,424(tax.in)

Audience Atrier Shopの川島さんが提案するのは、『Audience(オーディエンス)』のスーピマタイプライターナショナルコスチュームレギュラーカラーL/Sシャツ。今年注目のベージュカラーとは言え、はやりいつでも安定感ある上品さがいいんですよね。さて、そのポイントとは…?

「通常のコットンよりも繊維の長い超長綿の一種である”スーピマコットン”を使用したシャツとなります。肌触り柔らかく、しっとりとした上品な光沢と発色性を持ち、カジュアルながら高級感も感じて頂けます。身幅と着丈をゆったりとしたサイジングに仕上げ、上記の特徴も持ちながらイージーさも兼ね備えております。トップでの着用は勿論、秋冬にはインナーとして裾のレイヤードも楽しめる、着合わせの幅の広いアイテムかと思います。」

いかがでしたか?夏はショーツは履く機会が多くなるのと同時に、Tシャツと合わせると子供っぽくなるという悩みもよく聞きますよね。そこでシャツです。一気にショーツスタイリングが楽しくなりそうです。気になるアイテムがあればぜひ詳細からメッセージを送ってみてください!

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

アメカジがキテる?今アメリカのスタンダードが求められている件について #編集部のラジオ
ワンマイルバッグ、小物収納のことなら〈ミステリーランチ〉のゾイドバッグにお任せあれ
夏でも履けるドクターマーチン?あのスイコックとのコラボモデルが販売中。#JOURANAL STANDARD
早めに買うが吉!アメリカブランドの定番ショーツ3選
NIKEのCROSS TAINERが気になる! #編集部のラジオ
編集部がGWにやりたい3つのこと。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで