FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

シンプルに大容量なのがいい。A.P.C.×JJJJoundのデニムトート #ととのいま品


普段はリュック派ですが、暑い時期に気になるのが背中の汗。体感温度もかなり変わるので、夏場はトートバッグ派に転向することにしています。ただ、こなれたサイズ感のトートはよく見かけるものの、大容量でかっこいいデザインのものはなかなか見つからない。そんな時にメ○カリで見つけたのが〈アーペーセー〉と〈ジョウンド〉のデニムトートでした。

巷で気の利いたコラボを連発している〈ジョウンド〉が2019年にタッグを組んだのが〈アーペーセー〉。最近の〈リーボック〉、〈ニューバランス〉コラボに比べれば、プレミア感は控えめ。

ベースに採用しているのは〈アーペーセー〉が定番でリリースしている“Diane”というショッピングバッグ。そのフロントに〈ジョウンド〉のロゴをプリントしたのみです。収納部分も内ポケットがひとつ付属するだけの簡素極まりない作りなのですが、とにかくデカいのがいい。

前に使っていたトートは出勤時に必要なグッズ一式(PC、ノート、充電ケーブル、タンブラーなど)を入れるとパンパンになってしまっていたのですが、このトートであれば容量不足という言葉とは無縁です。

オフィスからの帰り道。スーパーでワイン、ビール、バナナやらを買い込んでも余裕

とりあえず、このトートを使う日はエコバッグを持ち歩かなくなりました。“大は小を兼ねる”という当たり前すぎる言葉を実感する日々を送っています。これは秋冬までがっつり使い倒してしまいそう。トートバッグは夏場のみ、なんて一体誰が言い出したんでしょうかね?


FACY編集部・杉山

今回のトートしかり、エコバッグの普及しかり、スーパーでレジ袋をもらう習慣が減ったのはいいのですが、ちょっとしたゴミを捨てるための袋が家から全くなくなってしまったのが最近の悩み。たまにはマイバッグなしで買い物したほうがいいのか?

MORE FOR YOU

今穿きたい短パンはコーデュロイ! おすすめは〈オーシャンパシフィック〉の一本です。
【6月】編集部がよく“キテた”服。
夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品
センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!

RANKING

  1. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  2. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  5. 【6月】編集部がよく“キテた”服。