FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

遅れてセールで入手した、リーボックのクラブシー #ととのいま品

Reebok/Club C 85 Premium shoes

リーボック クラシック シリーズの中でも限りなく地味な存在として裏番長を務めていた「CLUBE C(クラブシー)」。昨年、誕生35周年を迎えたとして表舞台に立ちファッションシーンを大いに盛り上げてくれました。が、今になってセールに掛かっておりました(しかも半額!)。というわけで、遅ればせながら入手。

やはりこの野暮ったい感じと言いますか、質素な感じと言いますか、慎ましい感じと言いますか、裏番長(=裏定番)の名を欲しいままにする地味、もといミニマルなルックスがグッドです。特にこれにおいてはユニオンフラッグの赤と青すら白。大抵はそれが「アクセントに♪」なんて言ったりもするわけですが、これは白。履き口とアウトソール部分のベージュも履いたら隠れてしまいます。でも、それでいい!

冬のピークを前にして、気分はもう春です。春といえば白スニーカー。白スニーカーといえばチノパン。取材時にいてもたってもいられず購入した、映画『アニー・ホール』のウディ・アレンモデルのワイドチノに早く合わせたいものです。あぁ、『春よ、来い(松任谷由実)』。春の足元はもうととのいました。


FACY編集部・溝口

テニス部出身だからか、春夏は妙に「テニス」とつくアイテムが気になります。ちなみに「クラブ シー」も1985年に生まれたテニスシューズ。1988年に生まれた溝口が愛用していたのはヨネックス。

MORE FOR YOU

厚手だけど着心地軽めのTシャツを教えて! #編集部のラジオ
フットボール、ベースボール、マルチボーダー…、今季注目のTシャツはこれ!
意外と見落としがち? 今履きたい定番スニーカー4足
羽織りとしても優秀!初夏に着たいのはこんなシャツたちです。
今は「ダサい」がほめ言葉? #編集部のラジオ
心躍るヤンキースグッズ5品。

RANKING

  1. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  2. 最強コスパ!ビッグヒットを記録している、無地T、無地ポケT入荷しました!
  3. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選
  4. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選
  5. 意外と見落としがち? 今履きたい定番スニーカー4足