FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

一匹増えた〈ポロ ラルフローレン〉のソックス#ととのいま品

気に入ったモノは色違いで買う。悪い癖が出てしまいました。

今回の#ととのいま品は、ビームス別注による〈ポロ ラルフローレン〉の靴下。まずもって、ラルフに別注できること自体が歴史的なことですが、その内容がまた素晴らしくて。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

当の靴下は、ご覧の通り、ポニーが一匹多いんです。普通は上のやつだけ。別注によってくるぶし部分に一匹追加されました。「でも一匹増えただけじゃないの?」と突っ込まれそうですが、この意味は大きい。

元々、ロゴには(歴史的な背景を含めて)高潔さが感じられますが、一匹増えることで急にブート感が出てくる(失礼!)。そうなると、突然ストリートの風味が感じられるというか、今っぽ〜いニュアンスが加わっきます。ポニーを一匹追加するだけで、ロゴの意味を変えてしまったわけですね。ビームスのそのさじ加減といったら、まさに絶妙。ただそこはラルフ公認なので、本物であることは担保されている。僕らも安心して楽しめるわけです。

というわけでこちらの靴下、色違いどころか、全色買ってしまいました。一足のお値段は¥1,980(税込)。冷静に考えてみると、靴下にしては結構いいお値段。ですが、そこに価値を感じたわけですがいかがでしょう?


FACY編集部・溝口


映画鑑賞が好き。最近見た中でのおすすめは「The Witch/魔女(2018)」。韓国の勢いが止まらない!

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選