FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

気分が上がるワンマイルウェア。〈アディダス〉のセットアップジャージ #ととのいま品

前回の #ととのいま品 は〈ナイキ〉のスウェットでしたが、今回は節操なく〈アディダス〉です。同ブランドのイメージを決定づけているのは、やはりあのスリーストライプス。改めて考えてみると、3本の線のみで固有のブランドを想起させるって結構すごいことです。

ちなみに、同ブランドはウェアの側面に等間隔および等幅の3本線を付けるデザインそのものを商標登録をしているそう。つまり、このジャージのセットアップも彼らの専売特許。

数年前に新宿店で購入した、Firebirdトラックジャケットとトラックパンツの上下。かなり気を使って着ているのでまだまだきれい。

ジャージとはいえ、自分の中ではちょっとしたおしゃれ着。実は家で過ごす際はあまり手に取りません。かといって、オフィスにジャージ上下で出勤するわけにもいかないので、登場するのはもっぱら休日の外出時のみ。

具体的に言うと、土日に隣り駅のサイゼまで行く時は大体これを着ていきます。つまり、登場回数こそ週1、2回ですが、最高にテンションを上げてくれるワンマイルウェア。ちなみに足元はちゃんと〈アディダス〉を合わせるのがマイルールです。大体キャンパスかサンバ、ガゼル時々ブセニッツといったところ。今年こそスーパースターを買わなきゃ。


FACY編集部・杉山

最近のアーティストで〈アディダス〉をかっこよく着るなーと思うのがラッパーのフレディ・ギブス。マッドリブと組んだ「Piñata」のアルバムジャケットを見るたびにブラックのFirebirdの上下も欲しくなったり。

MORE FOR YOU

今シーズンはアシックスが気になる! #編集部のラジオ
ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
アダムエロペ別注の〈ワイルドシングス〉。あのデナリジャケットが隙なしの仕上がりです。
半年探して見つけたオールドスケシュー。〈adidas〉のTHE GONZALES 2 #今週の一足
キネティックなアークテリクスの中綿ベスト
車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目

RANKING

  1. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
  5. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。