FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

文字どおり手放せない〈A.P.C〉のネックストラップ #ととのいま品

家のカギをよく失くしてしまうタイプです。より正確に言うなら、忘れてしまうんですよね。

以前よくやったのが、出勤時に職場のデスクに置いたまま、忘れて帰宅してしまうパターン。それに気付かずに、「失くした!」と思って深夜にカギの救急車的なサービスを呼んだこともありましたっけ。あれ、作業中にお隣さんに会うとめちゃくちゃ恥ずかしいんですよね…。

要するに、自分の体からカギを離してはいけないタイプの人間です。こいつを使い始めてからは、おかげさまでそんなトラブルとも無縁の日々。

どこかのお土産さんで売っていそうなチープな雰囲気がたまらない〈A.P.C〉のネックストラップ。何年も使っていたもの(一番下)がみすぼらしくなってきたので、昨年末に新たに2本を買い足し。同ブランドのライナップの中で、たぶん一番安いアイテム。(¥1,980)
同ブランドならではのどこかシニカルなタッチのワンフレーズも好み。余談だけど、創設者ジャン・トゥイトゥがコロナ禍で寄せたメッセージテキストも印象的だった。

本来は首から下げて使うのでしょうが、30年の時を経て再び鍵っ子スタイルに戻るわけにも行きません。なので、装着場所はもっぱらベルトループ。その日に穿くパンツを決めたら、こいつをくくりつけるのが、お決まりの朝のルーティンになっています。

高級感のあるレザーのキーケースにも憧れますが、体から物理的に離れる可能性のアイテムを見ると、やはりあの“前科”が頭をよぎる。カギの救急車さんのお手は煩わせたくないので、今年も引き続きお世話になる予定です。


FACY編集部・杉山

年末年始の休みで、狭い部屋にあふれている服をある程度片付けました。とはいえ、今着る気分じゃない服を部屋の隅にひたすら畳んで積んだだけ。いざ選別しだすと、どんどんその山がうず高くなっていくので、ビビりました。今年こそは一着買ったら一着処分したい。できるかな…。

MORE FOR YOU

180度のひねりが効いたカレッジT #ととのいま品
いまキャップを選ぶならロゴ入り! 編集部の勝手に5選。
大人も着れるフォトTあります。キースジャレットのソロピアノの名盤がTシャツになりました。
ナイキのナイロンショーツ、ペンデルトンのブランケットetc.|今週末の買い物メモ#01
ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで