FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品

〈ヘルムートラング〉が好きです。中古市場でよくウォッチしているのが、“本人期”と呼ばれる2005年以前のアイテム。中でも、デニム類は比較的よく出品されているのですが、自分にちょうどいいサイズ(と値段)のものは意外と見つかりません。

実は以前、“44”というサイズを買ったものの、小さかったので手放してしまいました。そこで一昨年、新たに買い直したサイズが“48”。

〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット。いわゆるサードタイプ。デザイナーブランドでありながら、匿名的な表情が魅力。

1、2年ほどはクローゼットの肥やしになっていたのですが、昨年あたりから手に取る機会が増えてきました。その理由を考えてみると、おそらく購入当初に比べて、トップスをややオーバーサイズで着ることが当たり前になってきたからでしょうか。いわば、着用者の身体感覚の変化を先取ってくれていた一着と言えなくもない。

インナーがカットソーのみだと大きく感じるのですが、スウェットを間に挟むといい感じにフィットします。一見サイズが合わなく思える服も、後に着る機会が出てくるパターンを知ってしまいました。そりゃ一向にクローゼットの断捨離が進まないわけだわ……。


FACY編集部・杉山

Netflixなどの動画の情報量に疲れてしまう時があります。そんな時に効くのが活字。最近読んだ中でよかったのはジュンパ・ラヒリ著の「その名にちなんで」。主人公の家族の微妙な機微を切り取る筆致は小説でありながらも映像的。同タイトルの映画も悪くなかったけど、やはり原作は強し。

MORE FOR YOU

縮んだニューエラが5秒で元通りに。店舗で神マシンを発見 #ととのいま品
クラブCの次に来るスニーカーって何? #編集部のラジオ
【SHOP BLOG】〈ミーンズワイル〉のバックパックは機能的で、見た目も良し。
リーボック×エイサップ・ナストの「CLレガシー」 #今週の一足
あのチノが、帰ってきた! 映画「アニー・ホール」でウディ・アレンが穿いていたような2プリーツチノ。
30歳オーバーの編集部員が選ぶ〈ニューエラ〉 #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで