FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品

普段はいちファッションとして、コーディネートのスパイス役を担うことが多いキャップ。ただ、こう暑くなってくると、本来の機能である日除けとしての意味合いが強くなってきます。手持ちのコットン地のものはそれなりに蒸れるので、今気になるのはメッシュ素材を使ったキャップ。

メッシュキャップといえば、かのsoul’d outパイセンが愛用していたような、トラッカーキャップと呼ばれるものを連想してしまいますが、あれがリバイバルヒットするのはまだ早そう(だぶん)。比較的取り入れやすいのは、メッシュをサイドに施したタイプです。

先日、直営店で購入した〈ノア〉のサイドメッシュキャップ(左)。ご機嫌なチェック柄のほうは〈アディダス〉×〈ノア〉のコラボもの。「Dover Street Market」のセールにて購入。

いずれもスポーツアイテム特有の無機質なデザインではなく、色使いに遊び心を感じるところが好み。接客してくれた直営店のスタッフさんによると、〈ノア〉のデザイナー本人はランニング時に愛用しているのだそう。確かに通気性が高く、水洗いもできるので、ランニングの相棒にはうってつけ。とはいえ、こちらとしてはランニングの習慣も予定もないので、堂々と普段使いしてやろうと思っています。


FACY編集部・杉山

以前買ったキャップがもろもろ似合わなくなってきている気がします。ツバの角度やクラウンの深さなど、少しずつトレンドが移り変わっているせい? 今回の2品を買い足したのに、キャップ欲は全く収まっていません。

MORE FOR YOU

冬のマンネリはこれで解決?今欲しい“旬な”スウェットパンツ5本
今年は出番が多そうです。ざっくり着れるカーディガン4選
寒さに打ち勝つための優秀ミッドレイヤー。
今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. 今年は出番が多そうです。ざっくり着れるカーディガン4選
  5. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました