FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

パステルカラーは新境地。〈ノア〉のネルシャツ #ととのいま品

クローゼットを見渡すと、目に入る服はブラックやネイビー、グレーにオリーブといった地味なカラーばかり。いずれも合わせやすい色ではありますが、すっかり春らしくなった今の時期であれば、もう少し明るい色が着たくなるもの。

そんな折、原宿の〈ノア〉のショップを訪れた際に見つけたのが、このネルシャツでした。

〈ノア〉のライトウェイトフランネルシャツ。いわゆるアメリカンなネルシャツではお目にかかれない淡いカラーパレットが新鮮。

色味には引かれたものの、「結局着ないパターンの服かも」という恐怖が頭をよぎり、結局その日は試着のみ。翌日になっても忘れられない服は買う、というマイルールを適用した結果、数日の間ずっとそわそわする羽目になったので、後日ようやくお買い上げ。

オフィシャルの素材解説によると、生地はポルトガル産のライトフランネル。古着屋さんでよく見かける、がっしりしたタッチのネル生地とはまた違うスムースな肌触り。

“似合う”への道は“見慣れる”ことから。恐る恐るだったパステルカラーデビューでしたが、そろそろ(自分では)見慣れてきました。他のアイテムをブラック系統でまとめてしまってもいいし、同じトーンのベージュのチノパンに合わせてもよし。実は日々の使い勝手もよさそうな一着です。春の買い物のスタートダッシュ、ひとまずは上々。


FACY編集部・杉山

編集部の溝口から教えてもらった「オザークへようこそ」の公開分を見終えてしまったので、同じくNetflixの「グッドガールズ: 崖っぷちの女たち」を観始めました。普通の主婦であるはずの主人公ベスの修羅場での腹の据わり具合がなかなかに痛快です。

MORE FOR YOU

大人向けのベアT。モチーフは、プレッピーなアイツです。
ちょっと珍しい、ポロ ラルフローレンのマドラスチェック柄キャップ #ととのいま品
夏のTシャツ傑作選│チャンピオン、グッドウェア、ループウィラーetc…
2021年上半期よく行ったお店 #編集部のラジオ
ジャーナルスタンダードのラガーT、コーヘンのタイダイニットT【編集部のベストヒットフェイシー #04】
このタッグは最強でしょ。〈シュプリーム〉×〈ブルックスブラザーズ〉のバケットハット #地味シュプ

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選