FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ロゴの配置がグッドです。〈ノースフェイス〉のマウンテンライトJKT #ととのいま品

本格的に寒くなってきました。街中で見ない日がないのが〈ノースフェイス〉のアウター。あのハーフドームロゴへの信頼感はしばらく揺らぐことはなさそうです。

ただ個人的には、これだけ着用者が多いと、“着たいんだけど着たくない”というちょっと面倒くさい症状が出てきます。ノースは今持っているフリースのデナリジャケットだけでいいか…そう思っていたところで見つけてしまったのが今回の一着。

原宿での取材帰りに「BerBerJin」で購入した〈ノースフェイス〉のマウンテンライトジャケット。90年代初頭の一着だそう。古着とはいえ、これで2万円しないのは安い。

前身頃にはどこにもロゴはなし。ノースがよくやる右肩後ろにもありません。ややデカ目のブランドロゴが鎮座するのは左袖手首の上部。ベタでもないし、モノ足りなくもない。この場所への配置に決めた当時のデザイナー氏に乾杯です。

ノースのアウターのかっこよさの構成要素であるショルダーやアーム部の切り替えはしっかり健在。ショップスタッフさん曰く、たくさんあるわけではないけど、特別レアな一着でもないそうです。この冬、ベタなノースを回避したい方は、古着屋さんで探してみるのもいいかもしれませんよ。


FACY編集部・杉山

アボカドが好きです。ただ、あれって予算をケチって外れの個体を引いてしまうと、びっくりするほど美味しくない。網状の緩衝材にくるまれている、ちょっと高いやつのほうがコスパがいいことに最近気づきました。おいしいことがわかってるアボカドには198円も余裕で出せる。

MORE FOR YOU

究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)

RANKING

  1. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド