FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

一足で二度おいしいウィムジーのソックス #ととのいま品

定番の白ソックスの更新をお知らせした #ととのいま品 から2週間。依然としてソックスの購入は続いております。というより、夏の短パンスタイルに向けてその流れは加速するばかり。

オレンジ×ブルーのニューヨーク・メッツ的なカラーリングがお気に入り。被っているキャップはヤンキースがほとんどですが。

今回購入したのは〈ウィムジー〉です。スケーターによるスケーターのためのソックスブランドとして大阪で誕生し、今やその枠を越え、愛用者は全国区に。アパレルも展開してはいますが、ソックスラバーの端くれとしてはやはりソックスが気になる。

ということで手に入れたこちらの一足。まずもって気になるのが包装袋。というかこれこそが本題。

右上には「THIS BAG IS NOT A TOY」と書かれています。その下には小さく「HOW TO BE A COOL GUY」の文字。さらにその下には穴を開けて紐を通せば小さなバッグとしても使用できるよ〜というイラストが。なるほど包装袋さえもバッグにしてしまうのがクールガイへの道であると、そんなメッセージがポップなタッチで描かれています。

さらに右下には利用シーンの一例として「MEET HER PARENTS」の提案。ですが、それは無理!! 実際に嫁のご両親に会った場面を想像するに、お母様に「あら、かわいいバッグだわね」と言われるくらい。横に立つお父様のお顔を見るのは怖くて仕方ない!

はい、冗談ですよね。いや冗談なくてもその提案、ウィットに富んでいます。ストリートカルチャー特有の遊び心、好きです。でも実際のところ、穴を開けて紐を通してという作業はちょっと面倒くさい。はてさて、別の仕方でクールガイになる方法はないものか?

Ankerの充電ケーブルとモバイルバッテリーを収納。

見つけました。この時代必携のガジェット類を収納する、です。まあ別に大したアイデアではないんですけどね。散らかりがちなコード類、わざわざ買うのが億劫なガジェットケースが、これ一つで一挙に解決するとなると非常にコスパがいいなと。ソックスを買う度に使い道を考えるのもまた一興です。

ちなみに、履き心地はもちろん最高です。リブのテンションがよく考えられていて、締付け具合はまるでオーダーメイド。履いているようで履いていない感覚です。こりゃソックスのボックスがまた肥えるわ。


FACY編集部・溝口

今年になって買ったソックスの数は7足。多いような少ないような。履き心地の暫定ベストはTFかウィムジー。

MORE FOR YOU

今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ
初の生配信!本日20時から「いいお店」というテーマで話します。 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. アメカジマスターが伝授。大人のスウェット着こなし術 │HUNKY DORY 塚本康博
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました