FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

〈クラークス〉のワラビーにエントリーモデルがあるって知ってました? #今週の一足

#今週の一足〈Clarks〉はワラビー?いや、スティンソンハイです。

2019年頃に90年代リバイバルの流れを受け、人気が再熱したワラビー。当時の弊社の記事でも〈Supreme〉、〈stussy〉、〈Carhartt WIP〉とのコラボが立て続けに発売され、ストリートでの注目度が高まっているという記述が。

雑誌やブランドのルックでも多用され、さすがにここまでいくとトレンドとして早く消化されちゃうのでは……と思いきや、そんな心配なんのその。今ではすっかり定番としての位置についています。

最近でも〈Sporty & Rich(スポーティーアンドリッチ)〉や〈Aimé Leon Dore(エメ レオン ドレ)〉とのコラボが話題になるなど、もはや盤石。ここまで来ると「今買うのは遅いかも」なんて心配もいりません。

ただ、今回ご紹介するのはワラビーではなく、「Stinson Hi(スティンソンハイ)」。オリジナルズではなく、コレクションから発売されているワラビーのエントリーモデルです。

アウトソールがクレープソールではなくラバーだったり、履き口にブランドタグが付いていたりと、細かいディテールがちょっとだけ違いますが、上からのルックスはほぼワラビー。

価格はワラビーより1万円ほど安いので(編集部調べ)、この手のシューズを試してみたいという方にはちょうどいいモデルかと。オイルドレザーだけでなく、定番のスウェードタイプも発売中ですよ!


FACY編集部・岩崎

3年くらい前、アメリカ旅行中にクラークスのアウトレットに寄ったら「ワラビー2足で$110でいいよ」と店員さんに言われ、即決で買いました。しかし、帰ってよく見たら一足はワラビーで、もう一足はスティンソンハイだったというオチ…。まあ、それでも十分安かったから良いんですけどね(笑)

MORE FOR YOU

今シーズンはアシックスが気になる! #編集部のラジオ
ロゴの渋滞にはシンプルなキャップが効く件。
アダムエロペ別注の〈ワイルドシングス〉。あのデナリジャケットが隙なしの仕上がりです。
半年探して見つけたオールドスケシュー。〈adidas〉のTHE GONZALES 2 #今週の一足
キネティックなアークテリクスの中綿ベスト
車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. 車道も歩道も走れるドライビングシューズ?次世代シューズブランド「AULIGA」に注目
  4. 「デカければいい」は間違い。ショップ店員に聞く、オーバーサイズTシャツの選び方と着こなし。
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで