FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

定番×トレンドは攻守最強?ワイドシルエットのパンツまとめ。

Post: “ワイドストレートなチノパンを教えて欲しいです!”

トレンドのアイテムを着るメリットは、何と言ってもファッション性があるということに尽きます。ただその反面、一過性でずっと着ていると流行に疎い印象を与えてしまうことも…。

でも、定番でありつつ、トレンド要素もあるというアイテムなら、メリットしかなく最高なのでは?ということで今回は、本来の安定感を持ちつつワイドなシルエットでトレンド感も抑えている、そんな優等生なワイドシルエットパンツをご紹介。ぜひご覧ください!

汎用性の高い、カジュアル素材を使用した上品な一本

ss00481
LAMOND – シボナイロンバギーパンツ ¥17,280 (tax inc.)

名古屋のセレクトショップ Synapse natifのフジイさんが提案するのは、『LAMOND(ラモンド)』のバギーパンツ。カジュアルに振れるナイロンを使用しつつ、タックを入れることで上品な佇まいに落とし込んだこちらの一本。まるでスラックスのような面構えは、上にジャケットを羽織っても良しの出来栄え。Postのチノパンという要望には応えておりませんが、汎用性が高く、着回しに長けた一本です。

重宝すること間違いなしの一本

ss00482
Audience – ワーカーズチノワイドインステップカットパンツ ¥12,744 (tax inc.)

高円寺 Audience atelier shopの川島さんが提案するのは、同『Audience(オーディエンス)』のチノパン。チノパンでありながら、足の甲までかかる丈感が秀逸、それでいて新鮮なこちらの一本。ローカットシューズを映えさせるデザインで、上には是非ともカバーオールを着て、男臭く仕上げたいところですね。

クラップ丈でハイカットがサマになる一本

ss00483
JOURNAL STANDARD – T/C CHINO 2-TUCK OFFICER CROPPED ¥15,120 (tax inc.)

JOURNAL STANDARD 渋谷店の志村さんが提案するのは、同『JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)』のクロップ丈2タックチノパン。毛色が少々違いますが、こちらの一本はワイドストレートのような穿き心地。また2タックによって、ゆとりある腰周りを担保され、グッとかかったテーパードが美シルエットを演出しています。クロップド丈で足元も幅広く遊べ、オススメです。

いかがでしたか?気になるパンツがあった方はぜひ担当スタッフに質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

Text.インターンS

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】〈CURLY〉から裏毛プルオーバーパーカーが初登場!
【編集部ラジオ】vol.34│失敗しない(?)福袋の選び方、冬の防寒インナー事情など
アラフォーにも刺さる〈シュプリーム〉のリジッドデニム #ととのいま品
【SHOP BLOG】真冬のマストバイ!「寒さを撃退する」キャンバーの肉厚パーカー
〈THE NORTH FACE〉の定番アウターは色で差別化すべし! #ととのいま品
ゴールド刺繍のアークテリクス #ととのいま品

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選