FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

必要なのはボリューム?ワイドなスラックスに合うスニーカーを教えます。

買ったはいいが、どう合わせていいか分からない…特にセール時期に陥りがちなその悩みですが、意外と買うときにしっかりショップスタッフさんなどに相談すればあっさり解決するものです。

ということで、今回はワイドなスラックスに合わせるスニーカーを提案してくれた3つのショップスタッフの答えをご紹介。やはり、ワイドパンツに合わせるにはボリュームが鍵なのか?なんて悩んでいる方は、ぜひご覧ください!

・マイナーチェンジでより良い雰囲気に仕上がった定番モデル

f1881f08aae13ec9816277753edd655314aa5c05.39.1.12.2

NEW BALANCE – M990 ¥27,000 (tax inc.)

SEPTISのコヤマさんが提案するのは、『NEW BALANCE(ニューバランス)』のM990。マイナーチェンジでより良い雰囲気に仕上がった定番モデルとは…?

「ワイドシルエットのパンツですと、ローテクのスマートなフォルムのシューズでも合うかと思いますが、これから秋冬にかけてトップスが重なっていくことを視野に入れると少しボリュームのあるモノをチョイスされるのも良いのではないでしょうか?

今やストリートシーンにおいても絶大な人気を誇るニューバランスですが、こちらの990は、今年の新作モデルとなっており、従前のモデルにマイナーチェンジがされ、より良い雰囲気に仕上がっております。ボリュームがありながらも軽快さを兼ね備えるランニングスタイルの同モデルであれば、夏場にも履きやすいため、オールシーズン使い勝手が良いかと思います。」

コヤマさんへのメッセージはこちらから。

・唯一無二のスタイルで幅広いスタイルに対応してくれるシューズ

normal

SPECTUSSHOECO – GROCKER ¥58,320 (tax inc.)

EN ROUTEのKAWASAKIさんが提案するのは、『SPECTUSSHOECO(スペクタス)』のGROCKER。スニーカーでもない革靴でもない絶妙なデザインが癖になるシューズとは…?

「foot the coacherのデザイナーである竹ケ原敏之介氏が手がける“革靴でもなくスニーカーでもないデザインと履き心地”をコンセプトとしたブランド。アメリカのBoa Technology社との共同開発による唯一無二のデザインは幅広いスタイリングに好相性。」

KAWASAKIさんへのメッセージはこちらから。

・上質なストリートを感じられるレザーハイカットスニーカー

normal

Article n°___ – レザーハイカットスニーカー ¥41,040 (tax inc.)

Synapse natifのフジイさんが提案するのは、『Article n°___(アーティクルナンバー)』のレザーハイカットスニーカー。

「ホワイト×ブラックレザーハイカットスニーカーです。ハイカットシリーズで絶大な人気を誇る0225タイプ。無駄のないデザインと上質な素材使いでラグジュアリー且つオーセンティックな仕上がりに。ソールに厚みを出しクッション性とデザイン性を高めています。ストリートカルチャーのルーツを辿り、ファッションが好きな方にはたまらない1足。SENSEでも毎月のように取り上げられ、インスタグラムでも世界的に注目を浴びています。」

フジイさんへのメッセージはこちらから。

やはり、3つのショップスタッフの提案を見る限りは、ワイドパンツに相性が良いのはボリュームのあるスニーカーで間違いないようです。合わせるのに困っていたという人はぜひ参考に、また更にスタッフに気になることを聞きたいという方は詳細からメッセージをどうぞ!

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のヘリテージを新機能とともに

RANKING

  1. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
  2. スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
  3. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。