FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

この冬の定番、この冬の鉄のボトム。穿けばスタイリングがキマるワイドパンツ3選。

冬のボトム選びにウールスラックスは鉄板。デニムもいいけど、他のシーズンでも穿けるのだから、季節感ある素材選びが洒落てるか否かに関わります。さらに今年はビッグシルエットのトレンドが合間って、ワイドなスラックスが大正解の雰囲気。

ということで前回に引き続き、この冬八面六臂の活躍をしてくれる、ウール素材のワイドスラックス3選をお届け。一本あるだけで確実に着回しできるので、ぜひお好みの一本をお探しくださいませ。ではどうぞ。

クラシカルな雰囲気漂うワイドスラックス

normal_86c4cd62

THE NERDYS – OLD slacks M.Green ¥36,720 (tax inc.)

吉祥寺のセレクトショップ アQが提案するのは、『THE NERDYS(ザ ナーディーズ)』のOLD slacks M.Green。ファッションギークもナードもきっと気に入る、大人な表情をした一本。

1920年代のアメリカを彷彿させる大きめのシルエットが特徴で、ハイウエスト仕様でクラシックな雰囲気を演出。ダブルフェイスで織られたメルトンは、しなやかさを持ち、光沢感が上品さを加速させいます。また、2枚の布地を織りや縫い合わせで両面表で貼り合わせているので、軽く柔らかな着心地を実現。且つ、風を通さず保温してくれるなど、冬ならではの気遣い生地使いが◎。

itなワイドトラウザー

tgth2442h6

ÉDIFICE LA BOUCLE – ワイドトラウザー ¥19,440 (tax inc.)

ÉDIFICE LA BOUCLEの高林さんが提案するのは、同店オリジナル『ÉDIFICE LA BOUCLE(エディフィスラブークル)』のワイドトラウザー。IENAとÉDIFICEから誕生した新しいブランドのコンセプトは「ありふれた日常に、ちょっとした非日常を」。こちらは、まさにそのコンセプトを具体化したような一本です。

スーツ地に使われることの多いスーパー100’sという上質な糸を使用し、ヘリンボーン織りで仕上げるなど、生地からどれだけ気合を入れてるかが伺い知れます。ハイウエストで腰回りはすっきりしており、ワタリから裾までボリュームの出るシルエットなので、今期注目のタックインスタイルとの親和性も高いです。

発色良好、着心地最高なワイドパンツ

108265450-1

ist design project – ウールサージサイドシームレスイージーパンツ ¥20,520 (tax inc.)

高円寺のセレクトショップ wienの高田さんが提案するのは、『ist design project(イストデザインプロジェクト)』のウールサージサイドシームレスイージーパンツ。同ブランドが定番で展開している一本。定番化されということは、それだけ人気を博すだけの理由があるわけで。

深みのある色味が特徴的なウールサージ素材を使用し、発色だけでなく触り心地までも最高な表地に。裏地にはキュブラを貼り、これまた至高の肌触り。ウエストはゴム入りのイージータイプで、1タック入りのワイドストレートシルエット。アンクル丈に設定されているので抜け感も演出してくれます。被りたくないニーズをお持ちなら、ぜひこちらの一本を。

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。

Text.スタイラー編集部

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】おうち時間もインナー次第でもっと快適に。
今週末に編集部が読んでほしい記事【1/16~1/22】
【SHOP BLOG】ポーランド発バッグブランドのガチめなバックパック。
【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選