FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

時代の空気を含んだ多種多様な衣服を提案する 新ブランド「YOLK(ヨーク)」に注目

IMG_5074

「manifold garments」をメインテーマに2016SSからスタートするユニセックスのドメスティックブランド「YOLK(ヨーク)。体にフィットするシンプルな服作りを大切にし、そこに様々な文章や文化から収集されたイメージを落とし込みながら、デザイナーの感性により捉えられた時代の空気感を反映した“今”着る衣服を提案する。

デザイナーは東京モード学園卒業後、独自にデザインを始めた黒木佑太、同学校を卒業後、永澤陽一の下でデザイン業務を担当した経験を持つ黒木小由希の二人が務める。ファーストシーズンのテーマは《 MANIFOLD GARMENTS 》。このテーマが意味する「多種多様な衣服」という概念を、様々なスタイルのワードローブに柔軟かつシンプルに、そして正しくフィットする、男女で同素材・同デザインの衣服で表現した。

スクール、テーラード、ミリタリーなどのギミックを活かしながらデザイン性と実用感を程よくミックス。ユニセックス、ノージェンダーなど性別を問わない流れがきている現代において、メンズベースでの男女共有(ユニセックス)という独特なバランスのコレクションになっている。今後の動向に目が離せないブランドのひとつだ。

YOLK 公式サイト

Text.Azu Satoh

MORE FOR YOU

アウターを脱いでもだらしなくないセントジェームス(SAINT JAMES)のカットソー
究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方

RANKING

  1. 究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。