FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年は出番が多そうです。ざっくり着れるカーディガン4選

今年は近年まれに見るカーディガンの当たり年。古着のモヘアカーディガンの価格も上がっていますし、各ショップの店頭でも今年は特によく見かけるアイテムです。そんなカーディガンをかしこまらずに着こなすなら、ややルーズなサイズ感のものを選びたいところ。各セレクトショップの4着をチェック!


今着たいのはこんなシルエット

EDIFICE/ストレッチ ビッグカーディガン ¥18,700

今着たいカーディガンの形をしっかり具現化したのは〈エディフィス〉の一着。ほどよくルーズなシルエットを生かして、着用画像のようにクルーネックのスウェットを中に着込んだってOK。ややざっくりしたローゲージの編み地も今の気分です。使いやすいブラックの他に、落ち着いたトーンのブラウン、ベージュもご用意あり。

この商品を詳しく見る


“ボタンがない”のも新鮮です

JOURNAL STANDARD/ウールテック ウォッシャブル ミラノカーディガン ¥13,200

そもそもボタンを閉めてカーディガンを着る機会は意外と少ないもの。ややラフに着たい今のムードを重視するなら、大胆にボタンを省いた〈ジャーナルスタンダード〉の一着を選ぶのもありでしょう。首元からストンと落ちる前立てのラインは従来のカーディガンにはない新鮮なシルエット。カットソーに無造作に羽織るだけでサマになるので、日頃カーディガンを着慣れない人にもおすすめです。

この商品を詳しく見る


アウターを脱いでも絵になる

AS STANDARD x MAKE YARN / KNIT CARDIGAN ¥30,800

左肩に入るオレンジのラインと、チャコールカラーで切り替えた袖がアクセントとして効いているのは〈アズスタンダード〉の一着です。ベーシックな畦編みのカーディガンをベースにして、こんな遊び心を発揮できるブランドは他ではちょっと見つからなさそう。「アウターを脱ぐとコーディネートが物足りない…」なんて冬の“あるある”ともこれでおさらば。

この商品を詳しく見る


フロントのジップがクール

Still by hand / ジップニットブルゾン ¥24,200

カーディガン特有のややほっこりした雰囲気が苦手な方には〈スティルバイハンド〉のジップカーディガンがおすすめ。フロントをジップ仕様にすることで、より都会的な雰囲気で着こなせる一着です。タスマニアウールにカシミヤを混紡し、さらに縮絨加工を施した生地は防寒性が高いのもポイント。暖かい日であれば、ちょっとしたアウター代わりとしても使えそうです。

この商品を詳しく見る

MORE FOR YOU

究極の「こういうのでいい」バッグ!アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)
チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
通勤でも雨風を防いでくれるブランドストーン(BLUNDSTONE)のサイドゴアブーツ
冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)

RANKING

  1. チャンピオン(CHAMPION)のスウェットはこの時期最強
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. ユニクロ(UNIQLO)コラボのスタイリングを締めるのは当然マルニ(MARNI)
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド