FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

注目ブランド『WALK OF SHAME』

こんにちは。

今週は気温の変化が大きく、身体がついていくのが大変ですね。

毎年この時期は紅葉を見に行くのを楽しみにしているのですが、

今年は暑い日が続いたのでまだ少し待たないといけない気がしています…

皆様のおすすめ紅葉スポットがあれば、ぜひ教えてください。

さて、本日はWALK OF SHAMEのアイテムをご紹介したいと思います。

以前のブログで、今シーズンより取り扱いスタートのブランドとしてご紹介致しましたが、

そのときにご紹介できなかったアイテムと、更に新たに入荷してきたアイテムを

あわせてご紹介いたします!

Staff:Kiryu Height:168cm

WALK OF SHAME – バギージャケット 75,000yen+tax
WALK OF SHAME – ストライプ切替フレアスカート 49,000yen+tax
FABIO RUSCONI – フェイクスウェードストレッチニーハイブーツ 27,000yen+tax

セットアップとしても着用していただけるジャケットとスカートは

今から着やすい厚すぎない生地感ながら、ウール混の素材で冬まで活躍してくれます。

きちんと感が出そうなピンストライプのアイテムを

あえてストリート感のあるデザインに落とし込むことで、

他にないスタイルに仕上がっています。

メンズっぽいイメージの強いバギージャケットですが、

ウール素材+ジャケットカラーでカジュアル感を程よく抑え、

取り入れやすい雰囲気に。

あえてフレアスカートなど女性特有のアイテムをコーディネートするのがオススメです。

切り替えが目を惹くスカートはカラーリングで遊んでいる分、

シルエットはクラシカルで綺麗め。

またウエスト部分はすっきりとしているので、

オーバーサイズニットをふわりと被せてももたつかずにスタイリングしやすいです。

WALK OF SHAME – ストライプスモックシャツ 45,000yen+tax
LOQ – レザーショートブーツ 46,000yen+tax
スカートスタッフ私物

WALK OF SHAME – チェックスモックシャツ 49,000yen+tax

バイヤーkiryuも試着後「かわいい!!」と即買いしていたこちらのシャツ。

野暮ったいとも思えてしまう程にオーバーサイズ、

ですがそれが何とも言えない独特なシルエットを生み出しています。

サイドはラウンドカットで深めのスリットが入っていて、

着流してもレトロにはなりすぎないデザインが施されています。

写真のように細身のボトムを合わせ、

思い切ってそのまますとんと着流して

シャツのシルエットを存分に楽しんでいただきたい一着です。

WALK OF SHAME – チェックコート 120,000yen+tax
LOQ – サテンサンダル 42,000yen+tax 

個人的なイチオシはこちらのチェックコート。

コートと言うと、どうしても合わせやすいベーシックカラーを選んでしまいがちですが、

冬の外出時には必ず羽織るコート、

だからこそ、たまには主役級の1点を選んでみてはいかがでしょうか?

カジュアルなチェック柄ですが、

シルエットはボトムからドレープがかかるAラインシルエット。

こちらもストリートとクラシカルな雰囲気を絶妙な雰囲気でミックスさせたアイテムです。

フードは取り外しが可能でステンカラーコートとしても着用できます。

WALK OF SHAME – トレンチコート 128,000yen+tax
LOQ – サテンサンダル 42,000yen+tax

秋といえばトレンチコート。

この季節になると少し外を歩くだけでも

トレンチコートを見にまとった人々をよく見かけます。

定番は押さえておきたいけど、皆と一緒は嫌!という方、こちらのトレンチコート要チェックです。

メンズヴィンテージのトレンチコートを着ているかのような

オーバーサイズのアームと長めな丈に、

ポップな配色のチェックの裏地と大きめなゴールドのボタン。

ウエストのベルトをぎゅっと絞って着用するのが

野暮ったくならないポイントです。

トレンドのオーバーサイズニットの上からも余裕を持って羽織れます。

WALK OF SHAME – ダブルスリーブシャツ 48,000yen+tax

画期的(!?)な袖が2wayになる遊び心たっぷりなシャツ。

長袖は丈長めでカフはきゅっと。

袖をたくし上げて、パフスリーブを作って着用するのが◎

五分袖で着るときは、長袖を後ろで結んでバックスタイルも抜かりなく。

スパイスのある着こなしが叶うだけでなく、

長いシーズン着回せるとういう実用性もある侮れないアイテムです。

WALK OF SHAME – バイカラー切替スウェット 37,000yen+tax 

より普段使いに取り入れやすい、プルオーバータイプもございます。

一枚でデザイン性があり、ボトムはデニムでもパンツでもスカートでも◎

ボトムを選ばない着丈で着回しの幅がぐっと広がります。

普通のスウェットだとカジュアルに見えすぎる…というときは、

ぜひこちらのプルオーバーをお試しくださいませ。

WALK OF SHAME – ストライプタイトスカート 52,000yen+tax

初めにご紹介したフレアスカートは同シリーズのタイトスカートも入荷しています。

正面から見るとオーソドックスなタイトスカート、

バックスタイルがポイントです。

イレギュラーへムのスリットがスパイスに。

お仕事着にも着回せるデザインながら、遊び心を忘れないWALK OF SHAMEらしいデザインです。

この他にひざ丈タイプのスカートも入荷しております。

今回ご紹介した他にもまだまだ入荷しているアイテムがございますので、

また別のブログでご紹介いたしますね。

ぜひ店頭でもお試しくださいませ。

 

元記事を読む

la jeune Boutique

ラジュンヌブティックは、海外ですれ違う思わず振りかえってしまう心惹かれるスタイリングとそこにたたずむ空気や見える景色、香るにおいを表現しています。 贅沢で、ある意味わがままな私たちのブティックの中からとっておきの出会いを。

MORE FOR YOU

メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
キャンプ女子のための冬の寒さ必勝法ナンガ(NANGA)

WHAT'S NEW

メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
キャンプ女子のための冬の寒さ必勝法ナンガ(NANGA)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに

RANKING

  1. メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
  2. アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
  3. 大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
  4. 古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
  5. ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに