FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

休日コーデは「楽チン」と「お目立ち」のいいとこ取りで決まり!色と柄がポイントのロングスカート4選

待ちに待ったゴールデンウィーク!どこへ何を着て行こうか迷ってしまいますよね。休日のコーディネートといえば、「楽チンな格好をしたい」派と「休日こそオシャレを楽しみたい」派に分かれると思いますが、どちらの意見も魅力的。そこで役立つアイテムが、履き心地も良くデザインや色合いで主張できるロングスカート。今回は、「休日のコーディネートにアクセントとして取り入れられるような、ひざ下丈からロング丈のスカートを探しています」という読者の声に寄せられた、都内4店舗のセレクトショップによるオススメのスカートをご紹介します!

夏らしさを引き立てるのは、鮮やかイエローに咲く花々

シップス渋谷店 / khaju – プリントスカート ¥14,040 (tax.in)

シップス渋谷店がおすすめするのは、様々な花のモチーフが描かれたインパクトのあるスカート。目にも鮮やかなイエローは、着ているだけで明るい気分になれそうです。ウエストにギャザーが入り、ふわりと広がるシルエットも特徴。これからの季節は白いTシャツと合わせて夏らしさを演出したいですね。

タックインで引き締める、大人のレッド

ROOT / dahl’ia – リネンギャザースカート ¥19,440 (tax.in)

シンプルでこだわりある素材使いのアイテムを作る「dahl’ia(ダリア)」のスカートは代官山のROOTの提案。鮮やかでどこか大人びた赤の色味は、シンプルなコーディネートの差し色として使えそう。落ち着いたブラウンのゴム素材に切り替えられたウエスト部分もポイント。タックインすることで全体を引き締めます。デザインの随所にブランドのこだわりを感じる一着。

アシンメトリーに揺れる、モードなボリューム感

FEMIND TOKYO / FEMIND TOKYO – アシメプリーツSK ¥18,144 (tax.in)

代官山のFEMIND TOKYOはアシンメトリーなデザインが目を引くスカートを提案してくれました。ネイビーのシンプルなスカートに重なる白のプリーツ生地は動くたびに揺れ、モードなボリューム感を生みます。写真のようにシンプルなネイビーのカットソーと合わせても良さそう。カーキをベースにしたナチュラルな印象の別色もオススメです。

こだわりを詰め込んだ、とびきりエスニック

LILY  / WILD THINGS – BLOCK PRINT SKIRT ¥11,664 (tax.in)

代々木上原のLILYが提案するのは、エスニックなボタニカル柄が目を引くスカートです。ハンドプリントで丁寧に施されたモチーフはインドの伝統的なもの。素材にも頑丈で風合い豊かなインドのコットンを使用しており、インドへの愛が感じられます。制作元がアメリカのアウトドアブランド「WILD THINGS」というのも意外なポイント。履き心地はもちろんお墨付きです。

休日に履きたいお気に入りの一着は見つかりましたか?着用するアイテム数が少なくなるこれからの時期は、コーディネートの「メリハリ」がポイント。柄や色で主張するロングスカートにはシンプルなトップスを合わせてバランスよくまとめたいですね。

Text :Koki Yamanashi

MORE FOR YOU

マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!

WHAT'S NEW

マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?

RANKING

  1. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  2. マイカ&ディールが提案する「大人のTシャツ」5枚
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》