FACY 1タップで 出会える 話せる

ARTICLE

ホリデーシーズンにパタゴニア(patagonia)が好感度高い理由

プレミアムショップの商品を問合せ、取置き、即日配送できるFACYは、クーポンENJOYFACYで初回2000円引きです。メディアでもクリスマスキャンペーンに合わせて、コートやギフトといった商品を紹介していく予定です。今日は、参加店舗から男女を問わずに好感度の高いパタゴニア(patagonia)の商品をご紹介。今年は創業者で世界的ロッククライマーのイヴォン・シュイナードが全持ち株を環境団体に寄付したことでも話題になりました。高い人気からギフトにも大変おすすめです。是非、この機会にプレミアムショップの商品を、問い合わせ、取り置き、即日配送できるFACYをダウンロードを。

iOSアプリ
https://onl.tw/NaSPa3L

Androidアプリ
https://onl.tw/EF34fJY

パタゴニア(patagonia)/ ダウンドリフト・ジャケット

まずは、レトロ調なダウンジャケットから。創業者のキャリアからも分かりますが、元々はクライミングブランドとして始まったパタゴニア(patagonia)ですが、現在は環境問題への取り組みや企業の社会的責任を象徴するブランドとして認識されている方も多いのではないでしょうか。そんなブランドらしく、シェルには南米の使用済み漁網リサイクル素材のネットプラスを使用して、海洋プラスチック汚染の削減に貢献しています。もちろん、デザインもモダンなアップデートが加えられ、山や海だけではなく、都会での日常生活をサポートするものになっています。

パタゴニア(patagonia) ダウンドリフト・ジャケット 詳細をチェック!

パタゴニア(patagonia)/ イスマス・パーカ

ダウンジャケットのボリューム感が苦手な方は、定番のイスマス・パーカをいかがでしょうか。1960年代の遠征用ジャケットからヒントを得てデザインされており、保温性や撥水性から一枚で様々な気候、環境に対応します。ポケットも多く収納性が高いのも嬉しいところ。もちろん、袖に入っている60グラムの中綿はサーモグリーン・リサイクル・ポリエステル。フードと身頃にも、リサイクル・ポリエステル100%のフリースの裏地を採用しており、ブランドのアイデンティティを感じます。

パタゴニア(patagonia) イスマス・パーカ 詳細をチェック!

パタゴニア(patagonia)/ クラシック・レトロX・ジャケット

近年、アウトドアアクティビティの盛り上がりから、都市と山を往復するライフスタイルが定着し、山ではヘビィアウターを、街ではライトアウターをグラデュエーションのように着こなす人が増えています。中でもライトアウターで人気なのはフリースです。元々は、体から一番外を覆うシェルの内側に着用するものですが、その着回しの便利さから、都市部ではアウターとして活用されています。クラシック・レトロX・ジャケットに代表されるパタゴニア(patagonia)のフリースは、デザイン性、機能性の面から大変人気があり、購入を検討されている方は売り切れる前に買われることをおすすめします。

パタゴニア(patagonia) クラシック・レトロX・ジャケット 詳細をチェック!

パタゴニア(patagonia)/ シンチラ・ジャケット

もちろん、名作シンチラ・ジャケットもあります。そもそもシンチラ自体が、1985年にパタゴニア(patagonia)がモールデンミルズ社(現:ポーラテック社)と共同開発した化学繊維のことで、現在私たちがフリースと呼んでいるものです。当然、フリース作成の実績のあるは段違いで、こちらもミドルレイヤー、ライトアウターとして絶大な人気を誇ります。一般的に、シンチラといえばジャケットタイプではなく、スナップTプルオーバーが有名ですが、今回は使いやすさからこちらを推します。

パタゴニア(patagonia) シンチラ・ジャケット 詳細をチェック!

パタゴニア(patagonia)/ P-6ロゴ・アップライザル・フーディ

スキーやスノーボード、キャンプに行くと、ロッジでアクティビティを楽しんでいそうな人がパタゴニア(patagonia)のパーカーを着ているのを見ます。ファッションも大切ですが、ブランドを知れば知るほど、同時にその人のライフスタイルや社会的な役割も大切であることが分かります。もちろん、シンプルなパーカーでも、はぎれ生地のコットンや回収されたペットボトルから得られたポリエステルといったリサイクル素材100%を利用しています。

パタゴニア(patagonia) P-6ロゴ・アップライザル・フーディ 詳細をチェック!

パタゴニア(patagonia)/ コーデュロイ・キャップ

ここからは帽子やバッグなので、プレゼントもしやすいです。冬は日差しが強いので、実はキャップが重宝します。こちらは、レトロな雰囲気のコーデュロイを利用した6枚パネル構造のキャップ。トレイルでも街でも重宝します。オーガニックコットンのコーデュロイとともに、ダウンジャケットなどでも紹介した、南米の漁網からリサイクルされたネットプラス素材をつばに使用しています。

パタゴニア(patagonia) コーデュロイ・キャップ 詳細をチェック!

パタゴニア(patagonia)/ Arbor Roll Top Pack

パタゴニア(patagonia)のバックパック、アーバー・ロールトップ・パックも定番です。特徴なのは写真の通り、荷物の量に合わせて上部開口部の巻き込み具合を調節できる点です。都市での使用も想定されており、15インチのラップトップスリーブを搭載しており、横のジッパーからすばやく取り出すこともできます。色もシンプルなブラックだけではなく、イエローなど季節感があるものもおすすめ。もちろん、縫製はフェアトレード認証。

パタゴニア(patagonia) Arbor Roll Top Pack 詳細をチェック!

いかがでしょうか?今回は、男女問わずに好感度の高いパタゴニア(patagonia)の商品をご紹介しました。是非、この機会にプレミアムショップの商品を、問い合わせ、取り置き、即日配送できるFACYをダウンロードを。

iOSアプリ
https://onl.tw/NaSPa3L

Androidアプリ
https://onl.tw/EF34fJY

MORE FOR YOU

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)

WHAT'S NEW

ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに
古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由
スニーカーの次にパラブーツ(PARABOOT)を履く理由
都会で見せるカナダグース(CANADA GOOSE)の新しい魅力

RANKING

  1. 釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  2. ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに
  3. コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ
  4. 古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
  5. FACYからのお年玉!1月10日から10%オフ 更に友達紹介で最大5000円割引をゲット!