FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

アウターを脱いでも抜かりなく!一枚でサマになるニットまとめ

秋はどこへ行ったのか、急に冬になったかのように冷え込んでいますね。慌てて厚手アウターやニットを引っ張り出した方も多いのではないでしょうか?

冬のファッションの定番といえばニット。気温が下がって、ニットの出番も増えてきました。今の時期は、ニット一枚で過ごせる貴重な季節ですが、真冬でも、室内ならアウターを脱いでニットだけで過ごすことも多いですよね。ニットは気温に関わらずこれから大活躍のアイテムなんです。

そこで今日は、一枚でおしゃれに見えるニット特集!アウターを脱いでも抜かりない、そんなニットをご紹介します。

冬の定番ニット

LICLE / BATONER –  NORDIC SWEATER   28,080円(税込)

LICLEは、冬の定番のノルディックセーターをおすすめしてくれました。モヘアなど天然素材のみを使用しているので、起毛加工なしでもふわふわと柔らかく暖かい印象に。ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットは、ボリュームボトムでビッグシルエットにするもよし、細身ボトムでメリハリをつけるもよし。アクセントになる1着なので、無地調のボトムスと合わせたいです。

ミリタリー調に挑戦するなら

sunday people / GROUPIE – MILITARY KNIT PO 28,080円(税込)

sunday peopleが提案してくれたのは、メンズライクなミリタリーセーター。とはいえ、肩や肘のパッチも全てニットでできているので、ミリタリー感が薄まり、シンプルで挑戦しやすいのが特徴。両脇にはポケット付き、素材はスポンジのような弾力性で軽く暖かく、着心地の良さと機能性は間違いなしです!

ニットを育てる

comma / bunt – 3G GREAT GRANDFATHER SWEATER 35,424円(税込)

commaのおすすめは、シンプルなローゲージのハイネックセーター。一人の職人が手横編み機によってゆっくりと編んだ、最高品質のニットです。一見シンプルですが、肌触りのよさ、丈夫さ、柔らかな風合い、暖かさが詰まった逸品。ニットは消耗品と思われがちですが、こちらはジーンズのように着ることで育てていける、味わい深い1着です。ぜひ店頭で手に取ってみることをおすすめします!

ニットもさまざま。意外と柔らかかったり、チクチクしたり・・・。だからこそ、実際にお店に足を運んでみたり、販売員さんに相談したりすることが本当に大切なんです!

ここで紹介した以外にも、こだわりの詰まった商品はたくさんあります。
気になったら、販売員さんに相談してみてくださいね。

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. 秋冬に取り入れたい「キャメル色」。おすすめコーデ&コート14選
  2. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. 代官山・恵比寿のレディースブランド・セレクトショップまとめ
  5. 【骨格タイプ別】あなたに合う『アッパーハイツ』のデニムは?