FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

日常コーデに「華」をプラス!シンプルだけどオシャレなメガネをご紹介

サングラスに比べて掛ける頻度が多いメガネは、シンプルなものがオススメ。特徴的なデザインだと、いざ使う時に気負ってしまったり、洋服に合わなかったりと、何かと弊害が多いんですよね。

とはいっても、ただシンプルで何の変哲もなく終わってしまうのはもったいない。顔馴染みがよく、何か惹かれるものが備わってないと。今回はそんなメガネを3本ご紹介していきます。

お値段以上のクラウンパント

normal_98593943-1

NO NAME – 眼鏡 ¥12,960(税込)

今年は特に多くリリースされた、40〜50年代のフランスで人気だったと言われるクラウンパント型のもの。フレーム上部分の直線的なデザインは、個性的ながら意外と顔なじみが良いと評判です。メガネの産地・鯖江のファクトリーでハンドメイドで作られており、表記されている値段以上に価値がある一本。メタルのテンプルはシャープな印象に近づけてくれますよ。

日本人の日常に溶け込むメガネ

normal_98593943-1

kearny – peaks ¥32,400(税込)

サンフランシスコにあるTwin peaksの山から着想されたのが、「keany」のpeaks。日本人の顔に合うブリッジの形にしているのが同モデルの特徴です。テンプルには同ブランドオリジナルの長モダンテンプルを使用しており、その掛け心地は「掛けている感覚があまりない」と言われるほど。細めのフレームで馴染みやすく、デイリーに使いたい方はぜひチェック。

美しく、アダルトなオーバルタイプ

Clayton Franklin – CF-559 ¥32,400(税込)

ラウンドタイプが苦手な人におすすめなのが、アダルトな雰囲気を醸し出すオーバルタイプのメガネ。今ではできる人が少なくなったという、リム部分をプラスチックで巻きつける昔ながらの技法が光る一品です。ブリッジや智元(ちもと)、テンプルには美しい模様が施されており、よりアダルトな雰囲気に。何やら「ブリジストンのCMで綾瀬はるかさんが掛けている眼鏡」なのだとか。

シンプルだけど目を引くメガネはいかがでしたか?それぞれ勝るとも劣らない特徴を持ったアイテムで迷ってしまうのが本音のところ。やっぱり決め手は自分に似合うかどうか、なんですよね。

気になった一本があった方は、各リンクより担当スタッフにお問い合わせ、足が運べる範囲内にお店があったらメッセージしてから伺ってみてはいかがでしょうか?

MORE FOR YOU

そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ

WHAT'S NEW

そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
ゴープコアでも見逃せない!デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
春にむけた足元はビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)で
おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ

RANKING

  1. ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
  2. コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
  3. メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
  4. ゴープコアでも見逃せない!デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
  5. ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア