FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

ニットには飽きました!おしゃれのプロに「春ブラウス」のおすすめを聞いてみた

「ニットには飽きちゃいました!」そんな声が聞こえてきたので、春にも着られる可愛いブラウスを教えちゃいます。でも普通のブラウスじゃ物足りない。そんな方にも満足してもらえる自慢の逸品をショップスタッフがレコメンド!あなたが春に迎えたいのはどれ?

後ろ姿に惚れちゃって!

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD 渋谷店(Lady’s)/ JOURNAL STANDARD – カラーロンストレースアップシャツ ¥11,880(税込)

カジュアルなシャツだけどレディライクに決めたいときは、後ろ姿のディテールで勝負すべし。編み上げのデザインが今っぽさ満点のストライプシャツは、オーバーサイズなのでゆるっと着こなしながらも女度をぐっと上げてくれるアイテム。ハリ感のある素材なのでスタイルに立体感が生まれ、これ一枚で様になります。

注目の東京ブランドから個性的な一着を

normal_98593943-1

PALETTE art alive / tiit tokyo – multi button shirts ¥26,244(税込)

東京コレクションにも参加する人気のブランド「tiit tokyo」のトップスをおすすめしてくれたのは、新進気鋭のブランドが揃うと噂の大阪のセレクトショップ『PALETTE art alive』。肩から袖に並んだカラフルなボタンが個性的!もちろんボタンなので開閉ができ、あき具合でシルエットの変化も楽しむことができます。自分らしい着こなしで何通りにも楽しんで!

別注のレア度が見逃せない

normal_98593943-1

ARISS / TELA – パイピング シルクブラウス ¥30,240(税込)

鮮やかイエローが春にぴったりのTELAのシルク100%ブラウスは『ARISS』別注のアイテム。大人っぽく着こなせる上品なマスタードイエローは、春の気分を底上げてくれるカラーです。イエローベースのワントーンのトップスは肌色に馴染んで全体的にぼんやりしがちですが、首元にあしらわれた黒のパイピングでメリハリをつけてくれます。今はコートの下からチラリと覗かせて、春先は濃紺のテーパードデニムと合わせて大人カジュアルに着こなしたい。

春気分を高める桜色

normal_98593943-1

NUMBER 代官山 / FIL DE FER – キュプラ/コットンカルゼ製品染め スタンドブラウス ¥17,280(税込)

春になればついつい手が伸びてしまう桜のようなピンク。ブラウスで着こなすなら、ふんわりとしたシルエットで少しだけ男前なディテールがおすすめ。袖口に入ったギャザーでボリュームを出しつつも、首元はきちっとスタンドカラーで決めているので、甘すぎないブラウススタイルに仕上がります。ふわっと体を包んで軽やかな空気をまとって。

まだまだ外は寒いけれど、ワードローブはいつだってせっかちに揃えたい!春の気分を先取れるカラーやシルエットのブラウスで、心から前に進みましょう!

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》