FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

『RMK』とマドモアゼルユリアのブランド『GROWING PAINS』がメイク×ファッションのコラボイベントを開催

『RMK (アールエムケー)』と、ファッションアイコンのマドモアゼル・ユリアによる注目ブランド『GROWING PAINS (グローイング ペインズ)』が、ファッションとメイクアップの融合を提案・表現するイベントを伊勢丹新宿店にて開催!

『GROWING PAINS 』といえば、2017年に東京コレクションデビューを果たした話題の新ブランド。そんな『GROWING PAINS 』と『RMK 』のコラボレーションは、Amazon Fashion Week Tokyo 2018 SS以来。ファッションとメイクが絡み合う世界観は立ち寄る価値あり!

RMK ファンデーション7種

GROWING PAINS イベント限定アイテム 9,000円(税別)

第1弾の1月17日(水)~20日(土)は、本館1階にあるRMK店頭をGROWING PAINSのディスプレイが飾ります。第2弾の1月31日(水)~2月14日(水)では、本館2階のセンターパーク/TOKYO解放区にて、コラボレーションLIMITED STOREをオープン。GROWING PAINSは2018年春夏コレクション先行発売と限定アイテムの販売を、RMKはその洋服に合わせたRMK 2018年春夏コレクションの提案と共に、スターアイテムのファンデーションを体験出来るメイクアドバイスを実施します。

RMK × GROWING PAINS コラボミラー

第一弾、第二弾でで対象商品をご購入のお客様にはノベルティーも数量限定でプレゼント。また、2月2日(金)はGROWING PAINSデザイナーYuliaによるトークショーで、RMK × GROWING PAINSの世界観をより堪能することができます。

『RMK』と、『RMK × GROWING PAINS』、注目ブランド2つの貴重なコラボレーションイベントをぜひお見逃しなく。

「COLOR CLOSET MAKE EVENT」 RMK × GROWING PAINS

会場:伊勢丹新宿店本館1階=化粧品/プロモーション
期間:2018年1月17日(水)~20日(土)

「COLOR CLOSET」 RMK × GROWING PAINS LIMITED STORE

会場:伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区
期間:2018年1月31日(水)~2月14日(水)
※2月2日(金)18:00より会場内でマドモアゼル・ユリアによるトークショー開催

RMK(アールエムケー)

1997年創立。クリエイティブディレクター KAORIがNYの最新のビューティをベースに独自の発想から作り出される“COLOR CLOSET”というコンセプトを提案。

GROWING PAINS(グローイング ペインズ)

2016 春夏ブランド立ち上げ。2017年秋冬東京コレクションデビュー。
デザイナー ユリアがボーダレスに活動する中で触れた、音楽、映画、アート、サブカルチャー等にインスパイアされた、言語も時代も越えて楽しめる服を展開。
世界中の人々の遊び心と、ファッションを楽しむ気持ちをくすぐるブランド。

MORE FOR YOU

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  2. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》