FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

『ケイト・スペード』から、ありそうでなかったブランド初の「スマートウォッチ」が登場!

『ケイト・スペード ニューヨーク』からタッチスクリーンのスマートウォッチが登場しました。あそび心溢れる洗練性とフェミニンなスタイルが魅力的なアイテムです。

最近になって一気に盛り上がりを見せている、「スマートウォッチ」。クラシカルな時計もいいですが、スマートウォッチは一本でクレバーな印象を演出してくれる優れもの。中でも今回ご紹介するアイテムは、時計としての機能以外にもファッションブランドならではの様々な機能が。要チェックです。

ありそうでなかった、ブランド初の「スマートウォッチ」

今回『ケイト・スペード ニューヨーク』が発売したのは、ブランド初の「タッチスクリーンスマートウォッチ」。多彩な機能とあそび心溢れる洗練性が魅力の女性用スマートウォッチで、2018年2月から全世界で順次発売を予定しています。(日本での展開は2018年2月23日を予定)

このタッチスクリーンスマートウォッチは、ローズゴールドトーンのケース&ブレスレット、ローズゴールドトーンのケースに柔らかなバケッタレザーストラップ、そしてイエローゴールドケースにスムースブラックレザーストラップの3種類のスタイルで展開します。プッシュボタンには、ブランドのアイコンであるスペードのマークが入っており、一目で分かるデザインが特徴です。

ケースサイズ:42㎜
ケース:ステンレススティール、イエローゴールドトーン
ストラップ:ブラックレザーストラップ
価格:42,000円(税別)


ケースサイズ:42㎜
ケース:ステンレススティール、ローズゴールドトーン
ストラップ:バケッタレザーストラップ
価格:42,000円(税別)

ケースサイズ:42㎜
ケース:ステンレススティール、ローズゴールドトーン
ストラップ:ステンレススティール、ローズゴールドトーン
価格:47,000円(税別)

時計に止まらない「遊び心」満載の機能

今回のスマートウォッチには、『ケイト・スペード ニューヨーク』の独自機能として、“choose your look”アプリを内蔵。その日のファッションやジュエリー、バッグの色味など、コーディネートに関するいくつかの項目に答えることで、おすすめのウォッチフェイスを表示させることができますよ。

一日の中で何回も変化するアニメーションフェイスも魅力。イラストがウィンクしたり、花占いのようにデイジーの花びらが一枚一枚落ちたり、ニューヨークシティのイエローキャブがブーンと動いたり…。毎日見ていても飽きないような遊び心たっぷりの仕組みも、魅力の一つです。

これまでありそうでなかった、遊び心満載の『スカラップ タッチスクリーンスマートウォッチ』は、2018年1月9日〜12日にラスべガスで開催されるCES 2018でお披露目された後、同年2月から直営店及びオンライン、専門店にて発売開始予定です。

kate spade new york | スカラップ タッチスクリーンスマートウォッチ

お問合せ先
フォッシルジャパン 03-5992-4611

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》