FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

マンネリコーデは卒業!ひとくせパンツはトレンドの「サイドライン」で決まり

永遠の定番ボトムスといえば、「デニム」。いつの時代も、どんな季節でも履き続けてきた逸品。ただ、定番だからこそバリエーションが少なく、マンネリ化しがちではないでしょうか?

そんな今おすすめしたいのは、トレンドのスポーティな要素をMIXした「サイドラインパンツ」!ジャージのイメージが強いサイドラインですが、今年はデニムにまで施されているんです。定番のデニムだからこそ安心感があって、オシャレに着こなしやすい。今年大注目のアイテム、ぜひチェックしてみて。

パッチワーク感覚のサイドライン

normal_98593943-1

BONUM表参道 / SIDE LINE 5PK ¥22,464(税込)

こちらのサイドラインは、ペイントやレーザーでつけたものではなく、岡山のワンウォッシュデニムを使用した珍しいデザイン。異なるデニムを繋ぎ合わせていて、まるでパッチワークのようなデニムです。シルエットはワイドストレートで、すっきりと見えて、なおかつ主張しすぎない。シンプルなシルエットだからこそ、デザインデニムもコーデに馴染みやすいですよね。いつものワイドデニムを、履き替えてみてはいかがでしょうか?

ストリートなライトブルー

normal_98593943-1

ARISS / YASUTOSHI EZUMI – サイドラインデニムパンツ ¥36,720(税込)

ストリートな印象なら、洗いをたくさんかけたライトブルーのデニムはいかがでしょうか?スポーティな白のサイドラインと、デニムのウォッシュ感や裾のほどきっぱなしデザインがまさに今年らしいですね。こちらもシルエットはストレートなので、トレンドのデザインが詰まっていても挑戦しやすい!少しハイウエストでベルト付きなので、あえてトップスをインしてもおすすめ。

まるでジャージ?なデニム

normal_98593943-1

HOSU / INDIGO RIDER’S PANTS ¥19,440(税込)

一見ジャージに見えるのに、実はデニム素材でできているのがこちら。ジャージらしいスポーティ感がありながらも、インディゴデニムの経年変化を楽しめる一本です。デニムなのにデザインは隅々までジャージ同様で、トレンドのスポーツMIXスタイルを存分に楽しめること間違いなし。シルエットは細めのテーパードですが、デニムだからこそ、ジャージのようにお尻や脚のラインを拾わないのも嬉しいポイントです。

定番「デニム」もどんどん進化していますね!特にサイドライン入りは、スポーティがトレンド入りしている今だからこそ、バリエーションが多いアイテム。ぜひ、お気に入りの一本を探してみてください。FACYならショップスタッフにチャットで質問できちゃいます。

MORE FOR YOU

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》
  2. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 20代から始めるファーストエイジングケア「エリクシール ルフレ」が誕生!CMでは吉岡里帆さんが “もこもこ泡洗顔”で素顔を披露。