FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

トレンドのロゴアイテムは「トートバッグ」で取り入れるのが正解!

今期大注目のロゴアイテム。Tシャツなどでは昨年からメッセージ性の強いロゴが入ったものがたくさん出てきていますよね。
ただ、Tシャツだとメッセージが強すぎて少し抵抗ある方も多いはず。そんな時は、ロゴ入りのトートバッグはいかがでしょう?バッグなら、ロゴのメッセージやカジュアルさも気にせず使いやすいですよね。むしろ、ロゴトートを合わせれば、いつものスタイルはスポーティでトレンド感たっぷりな印象に。トートバッグは使い勝手も良いので、一つ持っていて間違いなしです!

どこにでも持っていきたいきれいめトート

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD神戸店(Lady’s) / ジャーナルスタンダード – TEMBEA /テンベア ¥15,984(税込)

JOURNAl STANDARD別注で細部にこだわったトートがこちら。しっかりとしたキャンバス素材なので、型崩れしにくく、たくさん荷物を入れても安心。また、キャンバストートならではの野暮ったさは、かっちりとした素材感とあえて華奢につくったハンドル部分のディテールが解消してくれます。ちょっとそこまで、のカジュアルにも、トラッドな雰囲気でも合わせやすい、きれいめトートです。

ガシガシ使うならサコッシュ型

normal_98593943-1

HOSU – 2WAY TOTE BAG (I LOVE NAKAMEGURO) ¥3,780(税込)

毎日気兼ねなく使いたい方は、トレンドのスポーティなサコッシュ型がおすすめ。強度のある厚手のキャンバス地は耐久性に優れ、がばっと開く使い勝手の良さが特徴。ランドリーバッグやジム用としても使える万能バッグなんです。また、90年代を想起させるようなロゴデザインは、今見ると懐かしさとともに新鮮さも。いつものカジュアルスタイルに合わせるだけで、一気におしゃれな雰囲気に。

ツヤのある大人のキャンバストート

normal_98593943-1

NUMBER 代官山 / rapiecage – 帆布2WAYトートバック<SHOREDITCH> ¥7,452(税込)

キャンバス地とは思えないツヤと生地のハリ感が特徴的なトート。キャンバス地やロゴのラフさをあまり感じさせない素材感は、大人っぽくロゴトートを持ちたい方にはぜひおすすめです。また、内側に撥水コーティングをしてあるため、お子さんがいる方でも安心して使えますね。肩掛け、手持ちどちらも使えて、しっかりマチもついているので、ちょっとしたお泊りにもぜひ。

 

一泊用、サブバッグと変幻自在

normal_98593943-1

NUMBER 代官山 / rapiecage – BKTEショルダー付きトート ¥6,480(税込)

一泊の旅行にも使える大容量なのにサブバッグにも使える軽さが特徴のトートがこちら。ロゴは大きめですが、”Be Kind To Everyone”の頭文字を並べただけなので、メッセージ性をそこま感じず使いやすいですね。容量はしっかり入るのに、シンプルでモノトーンなデザインは、どこかモードでスタイリッシュな印象に。おしゃれと実用性の詰まったバッグです。

素材やロゴの雰囲気によって、使い勝手も違えば、テイストも変わります。ロゴトートはただただカジュアルなだけじゃないんです!ぜひ、あなたのテイストにあったロゴトートを取り入れて、トレンドを楽しんでくださいね。

MORE FOR YOU

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  2. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》