FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

春のキーワードは「透け感」!プロが選ぶ、主役級の透け感トップス4選

「厚手のニットやコートはもう飽きた!」「今すぐ春らしいコーデがしたい!」冬から春へと移り変わるこの時期、そう思ってウズウズしている方も多いのではないでしょうか。

そんなときは「透け感のあるトップス」をコーデに取り入れてみて!それだけで、一気に春らしい印象になれるはず。今回はこれからの季節にぴったりな「主役級の透け感トップス」をご紹介します。

濃色のコントラストが大人可愛いブラウス

normal_98593943-1

ARISS / SALT BLUE – 花柄シルクブラウス (キャミ付) ¥24,840(税込)

春の定番である「花柄」は、一歩間違えると少し甘過ぎることも。でも、こちらのブラウスなら安心。濃色のコントラストのおかげで、大人可愛く着こなすことができます。上質なシルク素材と程よい透け感が上品で、大人レディにピッタリ。パンツやスカートにインして着たり、裾を出してシルクならではの揺れる動きを楽しむのもgood。自分らしく着こなしてみて!

大胆レースが目を引く華やかブラウス

normal_98593943-1

la jeune Boutique / AMBALI – レースブラウス ¥37,800(税込)

黒ベースのゴールドラメに、ピンクのドットが入った印象的な透け感レースブラウスは、間違いなく主役級の華やかさ。だけど派手過ぎないのは、細やかなレースが品の良さを演出しているから。老舗のメゾンでも使用されるイタリア製のレースは、一枚で着るのはもちろん、ジャケットのインナーとしてチラリとのぞかせるのも◎。デニムと合わせてデイリーに着回してみて!

爽やかな素材感が春らしいフェミニントップス

normal_98593943-1

ARISS / TELA – 花柄ジャガードトップス ¥16,200(税込)

コットンとリネンの素材感が爽やかな、清潔感溢れる花柄ジャガードトップス。ジャケットのインナーとしてチラリとのぞかせれば、上品オシャレな雰囲気で、オフィススタイルにも最適。暖かくなってきたら、一枚でサラリと着こなして。毎日着たくなるリラックス感たっぷりの一着です。

技ありデザイントップスは実は着回し力抜群

normal_98593943-1

ROOM211 / Lokitho – Dot Jacquard Shirt ¥32,400(税込)

ボーダーとストライプの組み合わせに、ドット刺繍をあしらったデザイン性が光る一枚。個性派だけど、実は着回し力抜群。裾を出してデニムと合わせれば、デザイン性が際立つセンスの良いコーデに。タイトスカートにインして着れば、程よい透け感と相まって、フェミニンコーデの完成。あえて辛口のジャケットと合わせて、スパイシーに着こなして!

一枚で存在感抜群な「透け感のあるトップス」は、シンプルになりがちなこれからの季節のコーデをグッとオシャレにしてくれます。心地良い春の日差しに映える透け感トップスを、センス良くサラリと着こなして、春ファッションを思い切り楽しんでくださいね。

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》