FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

コットン100%の白シャツでクリーンな春の装いを

コットン100%の白シャツは誰のクローゼットにも常備されているもの。私たちにとって最も身近な存在ですよね。だからこそ、何気なく選んでしまってはいませんか?シンプルなものが多い白シャツは、どんな基準で決めたらいいか悩むところ。これからご紹介するのは、長く愛せる優秀アイテムばかりです。ぜひ、白シャツ選びの参考にしてください!

流行りの美人シャツ、後ろ姿も抜かりなく

JOURNAL STANDARD / タイプライターウシロアキシャツ ¥12,960(税込)

こちらは、去年もすぐに完売してしまった人気商品です。被るタイプのプルオーバーシャツと思いきや……バックはボタンで開くユニークなデザイン。ゆったりしたサイズ感で、力の抜けた大人スタイルを演出してくれます。首を抜いて着ればさらにこなれて見えますよ。ボトムスを選ばないのが嬉しいところ。裾をインして、スカートにもパンツにも◎コットンのクシャッとした素材感を楽しんで。

 

本屋さんが考える上質。その名も「森岡さんシャツ」

normal_98593943-1

ACROSS THE VINTAGE / 本屋さんが考えるシャツ「森岡さんシャツ」 ¥17,280(税込)

コンセプトは「目立たない服」余計な装飾を一切付けず、素材とシルエットで勝負するシンプルな白シャツです。コンセプトの通り、シルエットはトレンドに左右されない使いやすい形。主張をし過ぎないから、週何回でも違和感なく着回すことが出来ます。ただし、生地は特別。貴重な種類の綿を使い、ドレスシャツのような、少し光沢ある素材感に仕上げています。注目はふっくらとした襟。この襟、実は「隠しボタンダウン」になっているんですよ。薄めの生地で直ぐに乾くので、本当に毎日でも着たくなりますね。

 

オンにもオフにも!ワードローブの頼れる相棒

normal_98593943-1

ALLSAINTS / Sada Shirt ¥18,800(税込)

一見クラシックなきれい目シャツですが、実は一癖ありのこだわりアイテム。ボタンが隠れるタイプの「プラケット仕様」だったり、あくまで”シック”を基調としながら、遊び心もちゃんとあるのが魅力です。肩が落ちたオーバーサイズデザインで、おしりが隠れる長め丈。サイドに切れ込みがあるので裾をインすることも出来ます。一方で、ボタンを開けて羽織っても着られるから、プライベートでも仕事でもオールシーズン楽しめます。

 

細部に美意識の宿る、おとなの佇まい

normal_98593943-1

orlo / cleaveland – cleaveland×SHAMS 60~70’s Bload BC shirt ¥30,240(税込)

スタンドカラー、やや大振りのスクエアポケット、細身のカフ、第一ボタンから第二ボタン間の間合いなど……細部にまでこだわった、ブランド哲学があふれる一枚です。貴重な60~70年代デッドストックの生地を使い、この道40年のオーダーシャツ職人が全工程を一人で仕上げています。大量生産では出せない味わい深さ、仕立ての良さを実感出来ますよ。写真はメンズですが、レディースのおつくりもあります。

 

シンプルの中に潜む大人の可憐

normal_98593943-1

ARISS / KAREN WALKER – フリル袖シャツブラウス SHINDIG SHIRT ¥42,120(税込)

誰もがひと目で恋に落ちる!カレンウォーカーらしさのつまった、クラシックな雰囲気のシャツブラウス。オフホワイトの生地に映えるゴールドのボタン、袖口のフリルデザインが可愛いですよね。甘いディティールをあくまでさりげなく上品にまとめるのが、コレクションブランドのお家芸。一枚で主役になる白シャツだから、ベージュのワイドパンツなどのシンプルなボトムスを合わせると、デザイン性がさらに際立ちます。

 

 

最後にたどり着くのはベーシックな白シャツ

normal_98593943-1

actuel 池袋エソラ店 / actuel – 先染めストライプシャツ ¥5,292(税込)

最後にご紹介するのは、ベーシックな逸品。Vネックラインで首回りはすっきりなので顔が映えますね。バックスタイルは丈が長めでボタン付。程よい抜け感があり、大人のシャツ使いにぴったりの一枚です。きれい目テーパードパンツ、ワイドパンツ、デニム、ベイカーパンツなど、どんなスタイルにもはまり、組み合わせ次第で様々なニュアンスが楽しめます。首抜きも出来るおつくりだから、オフでも着回せそうですね。こんなに使えて、実はお手頃価格だから驚き。自宅でイージーケアできるのも◎

 

ベーシックアイテムだからこそ再現出来る普遍的な魅力、綿100%ならではの素材感を楽しまない手はありません。この機会に、白シャツを使ったコーディネートをもう一度見直してみて下さい。

MORE FOR YOU

そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ

WHAT'S NEW

そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
ゴープコアでも見逃せない!デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
春にむけた足元はビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)で
おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ

RANKING

  1. そろそろ春っぽく着たいチャンピオン(CHAMPION)のスウェット
  2. コーディネートを引き締めるアウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)のバッグ
  3. メンズライクの定番ブーツブランドストーン(BLUNDSTONE)
  4. ユニクロ(UNIQLO)とのコラボ追うだけじゃ勿体ないマルニ(MARNI)のバッグ
  5. おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)