FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

ワードローブに遊び心を!大人のための「お目立ちデニムボトムス」

スキニーやワイドといった、定番のデザインが多いデニムボトムス。気づけば何本も似たようなアイテムを持ってた!なんてことありませんか?たまには、いつもと違うデニムファッションを楽しみましょう!今回はおしゃれで人目をひく、お目立ちデニムボトムスをご紹介します!

誰とも被らないシルエット

normal_98593943-1

DESPERADO / KSENIA SCHAIDER – Light blue Demi-Denims ¥43,200(税込)

シルエットからして個性全開なこちらは、太もも周りに余裕を持って作られている分、実は誰でもチャレンジできるアイテム。ガーリーなプリントのTシャツを選べば、女性らしさとユニークさのバランスがキュンとくる簡単上級者コーデに仕上がります。毎シーズン人気のアイテムなのですぐに売り切れてしまうんだとか!

 

カジュアルさの中にもひとくせ加えて

normal_98593943-1

ALLSAINTS/ Birds Alana Boys Jeans ¥22,600(税込)

右ももと左ひざ上に入れられた鳥の刺繍が特徴的なクロップド丈のボーイフレンドジーンズ。Tシャツやスウェットシャツに合わせてカジュアルに着こなすのも可愛いですが、ジャケットとショートブーツを合わせて海外ブロガー風にコーディネートするのもオススメです!

 

エッジと大人っぽさの融合

normal_98593943-1

sprig / cheap monday – zip long skirt ¥9,396(税込)

センターのジッパーでエッジを効かせているこちらのスカートは、真っ黒すぎないブラックデニムを使用。春夏に着ても重苦しくなく、これからの季節にぴったりな一枚です。ジッパーを少し開けてスリットスカートのように履けば、ディテールのエッジとシルエットの大人っぽさのバランスが可愛い一枚に。

 

デニム素材で作る軽やかさ

normal_98593943-1

ARISS / GIKYL – ホワイトデニムフレアスカート ¥28,080(税込)

ホワイトデニムの明るい印象が春夏に活躍すること間違いなしのこちらのフレアスカートは、たっぷりなボリューム感がガーリーですね。綺麗めのトップスのカジュアルダウンとしても、Tシャツに合わせても可愛く着こなせて便利!また、丈感のバランスもよく、ローヒールの靴と合わせたいアイテムです。

 

シルエットの変化を楽しむ一点物

木宮商店 / REROS – Denim zip skirt ¥32,940(税込)

生地をたっぷり使いボリューミーなシルエットがユニークなこちらは、ゴールドのジッパーがデニムのブルーとのアクセントになっているところがポイント。ジッパーを開け閉めすることでシルエットのボリューム調整ができるので、トップスとの合わせバランスも楽々。一点のみの制作なので、他と被らないところも魅力的。

 

ユニークだけど、普段のお洋服にも合わせやすいアイテムばかりでしたね。いつもとは一味違ったアイテムを身につけて、気持ちを一新してお出掛けするのも素敵。きっと同じ街並みも違う景色に見えてくるはずです。

MORE FOR YOU

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ

WHAT'S NEW

毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
大人が着ても“アリ”な「ドッグT」見つかりました!
ポップな配色がかわいい!〈バトルレイク〉のウエストポーチ
梅雨前に欲しい!マスク専用のアロマスプレー「マスクメイト」
即戦力として使える!今ほしいボーダーT3枚
ニールズヤード レメディーズに聞く「UVケア」のこと。おすすめの方法やアイテムは?
やっぱりほしいシャカパン! ワークなんだけどスポーティな一本が気になります。

RANKING

  1. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!
  2. コーディネートを上品に魅せる!小さめレザーバッグ
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 【夏の羽織り】今年はカーデよりも断然シャツ!イチ押しコーデ5選
  5. 解放され仕事を手にした女性たちと20世紀前半のファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(2)》