FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

大人のおしゃれに万能なのは「ベージュトップス」でした!

春のワードローブに備えておきたいのは「使える」トップス。中でも、毎日の着まわしでお悩みの方には『ベージュ』がおすすめ。カジュアルなコーディネートでもほどよくきちんと見えるから、シーンを選びません。

「きちんと」も「お目立ち」も!一枚でコーディネートの幅を楽しみたい皆さんに。大人の女性の味方、ベージュトップス四点をご紹介します。

カッティングにこだわったブラウスで品よく

normal_98593943-1

LICLE / HAVERSACK – High density Twill Blouson ¥20,520(税込)

袖のカッティングとギャザーが特徴の五分丈ブラウス。落ち着いたベージュですが、計算されたカッティングで、野暮ったく見える心配がありません。素材はハリ感あるツイル地。光沢もあり、上品な印象を与えてくれます。ストレッチが効いていて快適な着心地です◎

ドレッシーなデザインなので、あえてカジュアルなワイドパンツを合わせるのがおすすめ。ベーシックな中にも個性あふれる一枚で、さりげないおしゃれを楽しんで。

 

襟もとで遊ぶ「進化系」タイプライターシャツ

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD 渋谷店 / CPタイプライターバックギャザーブラウス ¥14,040(税込)

ほどよいハリ感のある素材で人気のタイプライターブラウス。袖はボリューミーながら、七分丈の効果でアーム部分をすっきりと魅せてくれるのも嬉しいポイントです。

今年のトレンドをおさえた大きな襟にも注目。開けて着るのがスタンダードですが、ボタンをすべて閉じて「ノーカラーデザイン」にすればまったく違ったトップスのように着回せますよ。着丈が絶妙で、ボトムを選びません。

 

デニムジャケット風で大人チャーミング

normal_98593943-1

ARISS / YASUTOSHI EZUMI – オフショルダートップス ¥32,400(税込)

デニムジャケットのディテールをブラウスで表現した、コレクションブランドならではのこだわり溢れるトップス。オフショルダーでも着ることが出来る、息の長い一枚です。

スモッグ風のたっぷりしたギャザー襟と、腕のベルトが目をひくデザイン。そこに白のステッチなど、細かいエッセンスも効いています。上下の色味をそろえるワントーンコーデにも最適な一枚です。セットアップのボトムもあるので、チェックしてみてくださいね。

 

デコラティブに春めく、愛されブラウス

normal_98593943-1

FRAMeWORK 自由が丘店 / mature framework – ボリュームスリーブブラウス ¥17,280(税込)

エレガントなボリューム袖が女性らしいブラウス。デコルテがすっきりと見えるスキッパーデザインです。肩がきれいに抜けるように設計されているので、トレンド感ある着こなしが気負わず手に入ります。

シンプルなボトムと合わせても充分に様になる優秀アイテムだから、春のコーディネートを助けてくれること間違いなし。裾はボトムのシルエットに合わせてお好みでインしても◎

 

襟元をカジュアルに着崩したり、上品な小物を使ってクラスアップしたり。着こなし方次第で表情が変わるのがベージュトップスの魅力ですね。みなさんも自分らしいコーディネートが思い浮かんだのではないでしょうか。この春は万能なベージュにトライしてみて!

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》