FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

「@SeeNowTokyo」がAKIKOAOKIやSIIILONなどの新作予約会を大阪で開催

東京ブランドの最新コレクションがいち早く予約購入できるECサイト「@SeeNowTokyo」が、注目の6ブランドを揃えた初のリアルショップをオープン!阪急うめだ本店にて、2018年3月28日(水)〜4月10日(火)の期間限定で開催されます。

リアルショップ「THE SHOP @SeeNowTokyo × HANKYU UMEDA」に並ぶのは、東京やミラノ、パリコレクションのそれぞれで話題を集めた「アキコアオキ」「アツシ ナカシマ」「ケイスケヨシダ」「シーロン」「ソマルタ」「ユミ カツラ」の全6ブランド。会期の前後半でブランドが入れ替わるので、お目当のブランドがある場合はピンポイントでチェックして!

つい先日コレクション発表を終えたばかりの2018秋冬アイテムに直接触れて予約購入できたり、一部商品はその場で購入も可能。購入特典には@SeeNowTokyoのオリジナルエコバッグがもらえるスペシャルプレゼントもあります。期間中はデザイナーも順次来場予定なので、コレクションの秘密が聞きたい!着こなしの相談をしてみたい!という方などはぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。(ユミカツラ、ソマルタ除く)

参加ブランドスケジュール
3月28(水)〜4月3日(火):アツシ ナカシマ、ソマルタ、ユミ カツラ
4月4日(水)〜10日(火):アキコアオキ、ケイスケヨシダ、シーロン(※アキコアオキのみ8日までの販売)

参加ブランド

AKIKOAOKI(アキコアオキ)

青木明子氏が手掛けるウィメンズブランド。現実に潜むファンタジーを、本質的な感覚で切りとっていく。 ファッションを生きる行為そのものと捉え、それを纏うひとの生き方や姿勢が感じられる衣服を提案

ATSUSHI NAKASHIMA(アツシ ナカシマ)

ジャンポール・ゴルチエでのヘッドデザイナーの経験や、日本人初のDHLからの支援を受けてミラノコレクションでの発表、また最近ではアーティストの堂本剛氏がショー音楽を手がけるなど、華々しい経歴に飾られるブランド「ATSUSHI NAKASHIMA」

KEISUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ)

“明るいのか暗いのかわからない青春の空気と、そこにいる彼らの装い”をコンセプトに、吉田圭祐氏がデザイナーを務める2015AWデビューのウィメンズブランド

SIIILON(シーロン)

100年後の人にも愛される服作りを続けるデザイナー・oyui氏が、“新しいスタンダード”を提案するヴィンテージライクなウィメンズブランド

SOMARTA(ソマルタ)

先端のテクノロジーと人体や社会に宿る根源的な価値を融合させ、ファッションの分野だけにとどまらず幅広い活躍を続けるウィメンズブランド

YUMI KATSURA(ユミカツラ)

ウェディングドレスブランドで知られる同ブランドが手がける、クリエイティブディレクターを「ドレスキャンプ(DRESSCAMP)」で知られる岩谷俊和氏が務める新ライン

 

 

THE SHOP @SeeNowTokyo × HANKYU UMEDA

前半:3月28日(水)〜4月3日(火)アツシ ナカシマ、ソマルタ、ユミ カツラ
後半:4月4日(水)〜10日(火)アキコアオキ、ケイスケヨシダ、シーロン
会場:阪急うめだ本店3階モードファッションフロアーイベントスペース

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》