FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

シンプルだけど一味違う。「人と被りにくいスニーカー」でお目立ち上手に!

カジュアルスタイルの定番アイテムであるスニーカー。今や老若男女問わず万人に愛されるアイテムですが、人気が故に他の人と被る可能性も…。かと言って派手なデザインのモノを選んでも合わせるのがなかなか難しいですよね。

そこで今回は、「シンプルなのに人と被りにくいスニーカー」をご紹介。コーデに取り入れやすい、なのに個性的。そんなスニーカーを履いてカジュアルスタイルを楽しんでみて!

サイドのロゴが個性的なキャンバスシューズ

normal_98593943-1

sprig / SHOES LIKE POTTERY – キャンバスシューズ ¥12,960(税込)

福岡 久留米市のシューズ製造会社『ムーンスター』で作られたキャンバスシューズ。シンプルなデザインながらも、サイドに配されたロゴが個性的です。経年変化が楽しめる生地を使用しているので、履けば履くほど味が出てくるのもポイント!ソールは柔らかくしなやかで履き心地も申し分なしです。

 

ヴィンテージを彷彿させるデザイン

normal_98593943-1

TERRoIR / FILL THE BILL – ATHLETIC SNEAKER 〜HI CUT〜 ¥16,200(税込)

40年代のスニーカーをベースにデザインされたFILL THE BILLの『ATHLETIC SNEAKER』オリジナルで染めたゴムソールやコットン素材の紐など、ヴィンテージスニーカーを彷彿させるクラシカルな雰囲気を持ちます。ネイビーのキャンバス素材は、爽やかな印象でこれからの季節にピッタリ!王道ブランドとは一味違った佇まいで、足元から周りと差をつけることができます。

 

カジュアルからフェミニンまで幅広くマッチ

normal_98593943-1

ARISS / D.A.T.E. – レザースニーカー NEWMAN PATCH PATENT PINK ¥33,480(税込)

ヨーロッパを中心に、世界で展開するD.A.T.E.のレザースニーカー。エナメル素材を使うことで、スニーカーなのにラフ過ぎないデザイン性があります。ホワイトとピンクのカラーリングが春らしい季節感を感じさせてくれます。カジュアルはもちろんフェミニンなスタイルにもマッチしてくれる使い勝手の良い一足です。

 

レザーの素材でモードな雰囲気に

normal_98593943-1

ARISS / D.A.T.E. – レザースニーカー HILL LOW HALF ROCHE’ SILVER ¥27,000(税込)

D.A.T.E.からスニーカーをもう一足ご紹介。ホワイトを基調にしたデザインに、ラミネート加工されたシルバーがシンプルかつ上品な佇まい。レザー素材を使用することで、カジュアルの定番アイテムであるスニーカーを少しモードな印象に格上げしています。後方のスクエアの刺繍もアクセントになっている、飽きの来ない一足です!

 

まだまだ終わりの見えないスニーカーブーム。王道ブランドに飽きてきたと感じる方は、自分好みの少し個性的なスニーカーを取り入れて、今までとは一味違うコーデを楽しんで見て!

MORE FOR YOU

春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
アディダス(ADIDAS)を履き下ろす絶好のシーズン到来
大人女子のスポーツスタイルはマッキントッシュ(MACKINTOSH)
ダウンジャケット新定番、ピレネックス(PYRENEX)をお得に手に入れるラストチャンス

WHAT'S NEW

春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
アディダス(ADIDAS)を履き下ろす絶好のシーズン到来
自然の力で強く美しく。ジョンマスターオーガニック(john masters organics)のケア
大人女子のスポーツスタイルはマッキントッシュ(MACKINTOSH)
ダウンジャケット新定番、ピレネックス(PYRENEX)をお得に手に入れるラストチャンス
アウトドアでも気分が上がるザノースフェイスパープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)
古着っぽく着るのもハマるビッグマイク(BIG MIKE)
2月11日からバレンタインイベント!レジよりも3333円FACYのがお得に

RANKING

  1. 春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
  2. 春マスト!重く見えない「黒マウンテンパーカー」旬見えコーデ術
  3. 代官山・恵比寿のレディースブランド・セレクトショップまとめ
  4. アディダス(ADIDAS)を履き下ろす絶好のシーズン到来
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》