FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

個人ではなく、洋服をメディア化するのが『ROBE』なんです。| ROBE編集長 佐藤亜都

2018年5月3日(木)〜6日(日)の4日間限定で開催されるポップアップショップ『ROBE屋』。その起点となっているのが、越境レディのためのマガジンとして、2016年に始まったメディア『ROBE(ローブ)』です。

2016年にWEBマガジンとして創刊された『ROBE』は、その後SNS運営のみの分散型メディア(*1)、タブロイド紙の発刊を経て、今回のROBE屋で遂にリアルの場でファンとふれあいます。

今回は、そんなROBE編集長の佐藤亜都(さとうあづ)さんに、今回のROBE屋に込められた想いをお話し頂きました。

*期間限定セレクトショップ『ROBE屋』

ファッションメディアROBEが5-knot、EAUSEENONなど新鋭ブランドを集めたポップアップを開催

*前編はこちら

「ROBE屋」は本当の意味で新鋭ブランドの支援になる | ROBE編集長 佐藤亜都

 

― 「まずは情報を発信し、ファンをしっかり作っていく」とそういった観点でいうと、ROBEはWEBマガジン → 分散型メディア・タブロイド紙 → リアルショップ を経て、かなり「ファンがROBEに触れる仕組み」をうまく作っていますね。

タブロイド紙として発刊されたROBE issue.2の表紙。テーマは「Hero in mind」

佐藤:改めて考えると、媒体の遷移は時代と逆行している気もするのですが(笑)メディアとして何を一番にすべきか、と考えた時にパターンが二つあると思っていて。

一つ目は事業として、PVや売上に重きを置いてメディアを拡大していくパターン。二つ目は個人がメディア化して、「一定層にとって有益な情報」を絞られた読者に届けるパターン。後者はSNSや課金型プラットフォームを活用し、様々な業界・分野で発信をする代表者のような方が増えましたよね。

ROBEは扱っている情報のニッチさから考えて、後者の方が近いんだろうな、と漠然に考えてはいました。そういう意味で、リアルに交える場に行き着いたのは「より有益で立体的な情報を届ける」という観点から試行錯誤した結果です。

― 芸術の分野における「キュレーター」に近いですね。

佐藤:そうかもしれないですね。ただ、もっというと、ROBEの場合は編集長の私という「個人」ではなく、取り上げる「洋服」を媒介にしていきたいと思っています。私が取り上げるから読者が集まるのではなくて、私が選んだ「洋服」を媒介にしてファッションと読者が繋がっていく感じというか。あくまでROBEが提示しているのは一個の例で、あなた自身の考えや繋がり方を模索してね、というスタンスですね。

徹底的に読者目線でコンテンツを発信

― 今回の取り組みではInstagram・Twitter上で「#ROBE屋」で検索すると、商品ラインナップを見ることができますよね。これもまた面白いですね。

佐藤:一消費者として考えた時に、「どうすればポップアップショップに来たくなるだろう…」「どうすれば洋服をネット上で見て、買いたくなるだろう…」と考えたんです。

そう考えると、やっぱり「お目当のもの」が必要なんです。

今、イベントで大きく集客しようとなると、有名モデルやインフルエンサーのトークショーなど、「人」を媒介にしていることが多いと思います。でも、ROBEでは単純に「服」に魅力を感じて欲しくて。誰々さんがいるから行く、写真映えするおしゃれな空間だから行く、というのももちろん大切だけど、原点に立ち返ってみると、ギリギリ私たちの世代って「雑誌で掲載されてたあのアイテムを見に行きたい!」という気持ちの熱量があったと思うんです。

ROBEさん(@robetokyo)がシェアした投稿

―そこで、InstagramとTwitterで「洋服」を見せる場所を作ったんですね。

ある意味、SNS上のタイムラインを雑誌ページの羅列のようにしたくて、商品写真、値段、サイズ、コメントを添えてほぼ全ての商品を掲載する予定です。タイムラインだと流れてしまいますが、#ROBE屋 のハッシュタグで商品リスト的に閲覧できるので、そこも便利だなと思っています。

『R for D』を選んだのは、コンセプトと顧客に共感したから

R for D 店内

― 今回のポップアップショップの場所として神泉のセレクトショップ『R for D』を選んだのはなぜでしょう?

佐藤:『R for D』は「デザインと出会う」をテーマに、日常とデザインとの接点にある人と人、人とモノとのコミュニケーションを重視した空間の提案をするセレクトショップです。まさに、クリエーター・デザイナーとお客さんを繋げる場所。

単なるショップではなく人が集うコミュニティを目指しているので、広い店内にはソファがあったり、3、4人で入れるような試着室があったり、とてもゆったりとした素敵な空間なんです。お店の想いに共感したのもそうですが、せっかくROBE屋をやるなら、お客様にゆったりと洋服を体験してもらう、丁寧な空間で開催したかったという想いから『R for D』に相談をさせて頂きました。

『R for D』自体も、若手ブランドにフォーカスしたショップ。若手ブランドを買う時って、「冷房対策にちょうど良さそうなカーディガン」とか、「旅行の時でも活躍するシワにならないワンピース」とか、単純な機能性以外の動機があるのでそれを伝えるような接客をしたくて。そういう意味ではROBE屋の存在を知らずに『R for D』に来てくれた人にとっても有益な空間になると思ったんです。

「ROBE屋だから、できること。」若手ブランドの中でも、ROBEと深く繋がっているものを

―今回はどういった観点でブランドをセレクトしたのでしょう?

佐藤:過去にROBEで情報を発信した時に、特に読者から反響や希望が大きかったブランドさんにお声がけしました。今回は初めての取り組みだったので、その中でも何度かお話しさせて頂いたことがあり、ROBEと関係が深いブランドさんが多いですね。

ブランドの背景にすごく共感してセレクトしたブランドもあれば、単純に「可愛い!」という理由でのセレクトもあります。

例えば、『5-knot(ファイブノット)』は、コレクションにも出ているのですごくモードでエッジーな印象もあるのですが、実際に一点一点見ると、日常にも取りいれやすいんです。そういったコレクションとのギャップも体験して欲しいと思ってます。一方で、アクセサリーブランドの『SEDUCATOARE.(セデュカトアレ)』はInstagramで見つけて直感で「可愛い!」と思ったのでセレクトしました。

5-knot

SEDUCATOARE.

 

―セレクトの理由も様々なのですね。

佐藤:ファッションって、楽しみ方は十人十色でいいと思っています。「とにかく可愛い!」みたいな選び方も良いし、ブランドの背景に共感して楽しむのも良い。正解なんてないのに、どうしても「トレンドに流されるやつはファッションのことわかってない」とか、「洋服オタクは金銭感覚おかしい」とか、これは極端な考えですけど、そういう意見が出てきがちなのが悲しくて。なので、ROBE屋では様々な見方でファッションを楽しむ方がのびのびとできる空間にしたいと思っています。コーディネートも服選びも正解なんてないので、どうぞ自由に洋服を見に来てください!

 

前編、後編と二回に渡ってお届けした「ROBE屋」には現状のファッション業界の課題を解決したい、という強い想いと、編集長自身の強い消費者視点の二つを垣間見ることができます。デザイナーとユーザーを本当の意味で繋げるメディアとして強い責任感とこだわりがあるからこそ実現できた期間限定のポップアップショップに、是非足を運んでみてください。

(*1)分散型メディア・・・特定のドメインを持たず、SNSのみで情報を発信するWEBメディアの形式。

 

ROBE屋 第一弾
「眠れる森の美女が目を覚ましたら」
会期:2018年5月3日(水)〜5月6日(日)
13:00 〜 22:00
会場:セレクトショップ R for D
〒153-0041 東京都目黒区駒場1丁目4−5 日興パレス駒場 B1F
京王井の頭線 神泉駅 徒歩6分、渋谷駅 徒歩15分
参加ブランド:
EAUSEENON / RPKO / EBONY / SEDUCATOARE.(アクセサリー)/ SUÉSADA / 5-knot / ROBE(タブロイド販売)

ROBE HP / Instagram Twitter
公式ハッシュタグ #ROBE屋

MORE FOR YOU

春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
アディダス(ADIDAS)を履き下ろす絶好のシーズン到来
大人女子のスポーツスタイルはマッキントッシュ(MACKINTOSH)
ダウンジャケット新定番、ピレネックス(PYRENEX)をお得に手に入れるラストチャンス

WHAT'S NEW

春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
アディダス(ADIDAS)を履き下ろす絶好のシーズン到来
自然の力で強く美しく。ジョンマスターオーガニック(john masters organics)のケア
大人女子のスポーツスタイルはマッキントッシュ(MACKINTOSH)
ダウンジャケット新定番、ピレネックス(PYRENEX)をお得に手に入れるラストチャンス
アウトドアでも気分が上がるザノースフェイスパープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)
古着っぽく着るのもハマるビッグマイク(BIG MIKE)
2月11日からバレンタインイベント!レジよりも3333円FACYのがお得に

RANKING

  1. 春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
  2. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  3. スニーカー通が今冬買うべきニューバランス(New Balance)
  4. アディダス(ADIDAS)を履き下ろす絶好のシーズン到来
  5. 【骨格タイプ別】あなたに合う『アッパーハイツ』のデニムは?