FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

今年の白Tシャツは一味違う。コーデを格上げする白T集まりました!

暑い夏の必須アイテムといえば白Tシャツ。一枚ではもちろん重ね着にも、肌寒い時期はインナーとしても大活躍します。

今回は着回し力抜群のシンプルな白Tシャツをご紹介。夏らしい爽やかな雰囲気を感じられるTシャツは今年もぜひ手に入れたい!でも白Tシャツを用いたコーデはマンネリ化しがち…そんな時におすすめしたい素材感やデザイン、シルエットが一味違うTシャツを集めました。

程良い厚みとドライタッチな素材感

normal_98593943-1

JOURNAL STANDARD 渋谷店(Lady’s) / JOURNAL STANDARD – BDコットン クルーネックTシャツ ¥6,264(税込)

さりげない胸ポケットをポイントとしたシンプルなTシャツ。5分丈の程良い袖はロールアップして着るのもオススメ◎程良い厚みがありながらもサラッとした素材感で透けてしまう心配がないのも嬉しいです。適度にゆったりしたシルエットでリラックス感のある一枚です。

 

一枚で主役になれるTシャツ

normal_98593943-1

nest Robe – 度詰天竺プルオーバーTee ¥11,880(税込)

通気性が良く柔らかな肌触りが魅力の天竺素材を使用したアイテム。全体的にゆったりしたシルエットですが、着丈がやや短いためバランス良く着こなせます。合わせるボトムスによって印象を変える万能なTシャツなので、この夏一枚手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

アシンメトリックなドレープで絶妙なシルエットに

normal_98593943-1

ALLSAINTS – Nadia Tee ¥9,200(税込)

フロントとバックで違った印象を与えるアシンメトリックなデザイン。フロントに施されたゆったりとしたドレープが魅力の一枚です。軽やかですっきりとした素材でカジュアルすぎず、エレガントな印象を与えてくれます。身体のシルエットを綺麗に見せてくれるのでシンプルなパンツと合わせてもしっかり決まります!

 

世界最高峰のオーガニックコットンを用いた高品質な一枚

normal_98593943-1

EIJI – オーガニックTシャツ ¥10,800(税込)

世界最高峰のオーガニックコットン、アルティメイトピマコットンを100%使用しており、普通のTシャツとはちょっと違ってみえる上質な素材感が魅力の一枚です。滑らかな肌触りとふわっとした軽い着心地で肌に馴染み、身体のラインが美しく出せるシルエットが特徴です。

 

女性らしいフレンチスリーブが好み

normal_98593943-1

TELA – フレンチスリーブパッドカットソー ¥10,368(税込)

肩パット入りの珍しいカットソーをご紹介。フレンチスリーブのシンプルな白Tシャツですが、パットによって一枚でもしっかり存在感があり、万能に着こなせます。バランスの良いシルエットでワンピースなどの重ね着にもおすすめ!シンプルなデザインなので、幅広く着回せる優秀なアイテムです。

 

今回は着回し力抜群のシンプルな白Tシャツをご紹介しました。ボトムスを問わず何枚もっていても損はない白Tシャツ。シンプルながらも少しデザインやシルエットが違うだけで、コーデの雰囲気が変わります。素材感やデザインにこだわった白Tシャツで、コーデを格上げしてみてはいかがでしょうか。

MORE FOR YOU

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。

WHAT'S NEW

ベーシックでやや癖ありなシャツが新鮮! 秋におすすめのシャツ。
キャラメルバーをイメージ?VASICの新作バッグがかわいい!
この秋デニムはブラックが新鮮! オーストラリア発の〈ローラス〉の一本はいかが?
楽におしゃれが叶う、ヨーロッパ生まれのリブパンツ。
秋の羽織りにちょうどいい!アダム エ ロペのシャツカーディガンが気になる
このボーダー柄なら着こなせる! 秋を待たずに着たい〈ルミノア〉の別注カットソー
大人気のバッグブランド〈マラント〉。新入荷のミニポシェットも必見です!
大胆スポーティなタイトスカート。季節の変わり目に新鮮な一本はいかがでしょう?

RANKING

  1. カラー別!ダサ見えしない大人の旬パーカーコーデ25選
  2. 黒髪だからこそ似合う!「垢抜け黒髪スタイル」を叶えるピアス
  3. 旬をおさえた「黒ロングスカート」おすすめ秋コーデ23選
  4. ぬいぐるみってどう作るの?スヌーピーミュージアム「ぬいぐるみワークショップ」を体験!第2弾の開催も決定!
  5. やっぱり女は守られたい?それとも自立したい?ディオールとシャネルの関係 で見る20世紀半ばのファッション《連載:ファッションオタクのサーバエンジニアが見る女性とファッション・スタイルの文化史(3)》