FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

トレンド「ブライドグリーン」は、華やかスカートで取り入れるのが吉!

今シーズントレンドの「ブライトグリーン」。今年はカラースカートの当たり年なので、スカートで取り入れるのがおすすめです。色物が苦手な方でも、トップスをモノトーンなど落ち着いたカラーにすれば安心!今夏のコーディネートの参考に、ぜひチェックしてみて!

きれいめタイトで落ち着いた印象に

normal_98593943-1

FIL DE FER – トロストレッチ タイトロングスカート ¥16,200(税込)

ボックスのようなシルエットのゆとりのあるタイトスカートは、鮮やかなグリーンでも落ち着いた印象に見せてくれます。ほどよいゆとりが、コンサバにならずにどこか余裕のあるスタイルに。斜めに入ったバックスリットがアクセントになるので、いつものTシャツとのスタイリングでも抜かりなく。

 

夏らしいシワ加工を楽しむ

normal_98593943-1

GOUT COMMUN – クリンクルギャザースカート ¥12,960(税込)

ロング丈のグリーンのスカートでも、シワ加工が施されていると軽やかさが出て重くなりません。リネンのような見え方ですが、実はコットンなので、夏にケアがしやすいのも嬉しいポイント。ウエストは総ゴムなので、インしても着膨れの心配もなし。スニーカーと合わせてタウンユースでも、サンダルと合わせてリゾートでも、鮮やかなグリーンが映えて素敵ですね。

 

ケミカルレースで周りと差をつけて

JOURNAL STANDARD – ケミカルレーススカート ¥10,584(税込)

今年らしいレーススカートは、ケミカルレースで少し大胆に。よくある繊細な花柄のレーススカートとは違って、上品さがありながらもカジュアルやモードな印象に見せてくれます。モノトーンやグレーのカットソーは安定感があるスタイリングに。また、サマーニットと合わせてカジュアルに合わせたり、黒のブラウスでシックにまとめたりするのもおすすめ。

 

映画のヒロインのようなエレガントを

normal_98593943-1

plage – ロングギャザースカート ¥17,280(税込)

カラースカートといえば、フランス映画のヒロインのようなエレガントさも欠かせません!こちらはとろみのあるしなやかなドレープ感が、とても上品に見せてくれています。きれいめに見せながらも、ウエストはゴム仕様で履き心地は楽ちん。どこか肩の力の抜けた上品さは、デイリー使いにぴったりです。シンプルにスカートを主役のコーデにするのがおすすめ。

 

透け感とプリーツを夏の風になびかせて

normal_98593943-1

INTERPLANET – 【LA】シアーボイルプリーツスカート ¥8,532(税込)

動きに合わせて揺れるプリーツと、リネンのような爽やかな透け感が夏らしく、動くたびに涼しげで華やかな印象に。ミモレ丈の程よい長さは、一番細い足首だけ見せてくれるので美脚効果はもちろん、身長が低い方でも安心して着ることができます。上品な印象なので、ブラウスと合わせてオフィスにもばっちり。普段使いや旅行なら、Tシャツと合わせて。

 

「ブライトグリーン」も、素材やシルエットを選べば怖くない。特に夏は、リネンのような軽やかな素材が多いので、派手になりすぎず、ほどよくカジュアルさがプラスされて合わせやすいんです。ぜひ、今年の夏はチャレンジしてみてください!

MORE FOR YOU

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!

WHAT'S NEW

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!

RANKING

  1. 夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
  2. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  5. どう履くのが正解?『NIKE』エアリフトでつくる旬スタイリング術