FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

「デニム×〇〇」がキュンとくる、今欲しいデニムジャケットはコレ!

長い間人々に愛され続ける定番アイテムのデニムジャケット。実は今、一言にデニムジャケットと言っても様々なユニークな要素を持った素敵で興味深いデニムジャケットがたくさん出てきているんです。そこで今回は「デニム×〇〇」という形式で厳選した4枚をご紹介します!

デニム×デコラティブ

normal_98593943-1

OLD HONEY – 170812 jacket ¥23,760(税込)

ユニークなシルエットでエレガントさも感じるこちらのジャケットは、生地の切り替えやフリル、レース刺繍など細部までこだわれた一点もの。デコラティブな要素の強いアイテムですが、デニム素材になることで一気に着やすくなっています。シンプルなデニムボトムとピンヒールに合わせれば、他と差がつくキリッとした大人のオールデニムコーディネートが完成します。

 

デニム×バックブリント

normal_98593943-1

BELPER – back print denim jacket ¥42,120(税込)

アーティスティックなバックプリントが目を引くこちら。バックはユニークですが、表はシンプルになっているので普段のコーディネートにも取り入れやすいアイテムです。クラッシュの入り方も控えめなので、綺麗めコーディネートのカジュアルダウンにもおすすめ。カラーバリエーションは綺麗目アイテムにも合わせやすいインディゴとカジュアルな印象のブルーの2色。襟抜きでも着やすい丈感になっています。

デニム×リネン

normal_98593943-1

nest Robe – リネンデニムGジャン ¥30,240(税込)

リーバイスの不朽の名作である506XX(通称1st)をベースに作られたジーンズジャケット。ワークウエアとして使われていた頃のディテールへの工夫や良き時代のワークパターンに敬意を払いながら、今の時代にフィットするようにブラッシュアップされたデザインにはメーカーのこだわりがたくさん詰まっています。素材には綿素材よりもさらに経年変化が見られるリネンを使用し長く愛せる一枚に。

 

デニム×メイドインジャパン

normal_98593943-1

RED CARD – BROADWAY デニムジャケット ¥28,080(税込)

伸縮性のあるストレッチデニムを使用し着心地抜群のこちらは、シンプルですっきりとしたデザインで広いジャンルのコーディネートに合わせられる優秀アイテム。素材には最高峰のデニムを使用し、金具に至るまで全て日本製にこだわった逸品です。世界屈指のデニムウォッシュ工場で施されたストーンウォッシュはアタリ(使用感を出すために色が抜かれた部分)の付き方が程よく、カジュアルの中にも女性らしい上品さも忘れないような一枚です。

 

新しさが光るデザインのものから、デニムジャケットの長い歴史や加工のこだわりについて語りたくなってしまうデザインまで、胸にグッとくるアイテムばかりでした!みんなが持っている定番アイテムだからこそ自分らしいこだわりの一枚をぜひワードローブに加えて見てはいかがでしょうか。

MORE FOR YOU

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!

WHAT'S NEW

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!

RANKING

  1. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  2. どう履くのが正解?『NIKE』エアリフトでつくる旬スタイリング術
  3. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  4. おしゃれの敵…!汗染みが目立たない服選びのポイント6つ
  5. 毎日着ても飽きのこないデイリースタイルを提案する「MICA & DEAL」が掲載スタート!