FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

カジュアルさをプラス!「無地のスウェットトップス」4選

大人カジュアルな着こなしが気になる方には、スウェット素材のトップスがおすすめ。特に、無地のスウェットトップスはアクセサリーとの相性も良く、子どもっぽくならないのがポイントです。コーディネートにアクセントをプラスしてくれる大人カジュアルなトップスを、お見逃しなく。

ルーズなシルエットのプルオーバー

normal_98593943-1

ANITYA – y-neck pullover ¥21,600(税込)

ルーズなシルエットが今っぽい、Yネックプルオーバー。メンズライクな雰囲気のアイテムのため、ボトムスにはスカートを合わせると好バランス。長めの丈のプリーツスカートやベロアスカートなど、重めの素材のスカートを選ぶと季節感を演出できます。柔らかな肌さわりが嬉しい、秋定番のプルオーバーです。

 

個性派さん必見のユニークトップス

normal_98593943-1

MAINU – sweat thumbs armhole pullover ¥23,760(税込)

縫い目が見えているデザインが斬新な個性的なプルオーバー。ボトムスにはイエローやレッドのチェック柄スカートを合わせて、プレッピーな雰囲気に仕上げるのがおすすめ。また、ワイドパンツなどのゆったりとしたアイテムと組み合わせて、ラフなシルエットを楽しむのも◎他の人とかぶらないユニークさが素敵なプルオーバーです。

 

オフショルダーが楽しめるスウェット

normal_98593943-1

cavezarosso – Off Shoulder Volume Sweat Top ¥11,880(税込)

ヘルシーな肌見せが叶うこちらのオフショルダートップスは、女性らしさ満点。袖のボリューム感が、スウェットトップスながらもレディな雰囲気を演出してくれます。ボトムスにはすっきりとしたタイトスカートを合わせて、トップスを主役にするのがおすすめ。柄物やカラーアイテムとも相性が良い、大人っぽいアイテムです。

 

鮮やかカラーの古着風トップス

normal_98593943-1

cavezarosso – Waist Tuck Sweat Top ¥9,990(税込)

ウエストタックや袖のボリュームなど、ディテールにこだわったスウェットトップス。ベーシックなスキニーデニムと合わせて、トップスのシルエットを楽しむのがおすすめ。さらに足元にピンクのパンプスを持ってくれば、都会的で洗練された印象に。暗い色のアイテムが多くなりがちなこの季節、一枚は持っておきたいカラートップスです。

 

大人女子にぴったりの上品プルオーバー

normal_98593943-1

FRAMeWORK – コットンWフェイスプルオーバー ¥15,120(税込)

カジュアルさと上品さを兼ね備えた、まさに大人女子にぴったりのトップス。タイトスカートにクラッチバッグを合わせれば、抜け感のあるおでかけスタイルの完成。ボリュームのある袖は、ロールアップして動きを出すと素敵です。肌寒くなるこれからの季節、さらりと着られてサマになる優秀アイテムです。

 

スウェット素材のアイテムは、着心地が良く存在感があるのがポイント。スニーカーを合わせた王道カジュアルコーデだけでなく、きれいめコーデのハズしアイテムとしてもグッド!万能トップスを味方につけて、大人のカジュアルコーデをブラッシュアップしてみて。

MORE FOR YOU

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!

WHAT'S NEW

夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!

RANKING

  1. 夏のハット迷子に教えたい〈メゾンドリリス〉のブリムハット!
  2. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  3. ネックレス、隠れがち。クルーネックTシャツに合うネックレスを教えて!
  4. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  5. どう履くのが正解?『NIKE』エアリフトでつくる旬スタイリング術