FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

大人女子のための「こだわりモノトーンワンピース」をご紹介!

モード感を高めて落ち着きを見せたい秋冬のマストハブアイテム、モノトーンワンピース。一着で大人な印象に仕上がるアイテムとして、自分らしいお気に入りを見つけたいですよね。今回は、人とはどこか違う一段上のおしゃれなアイテムに厳選してお届け!秋支度をはじめる大人女子必見です。

細部に宿るこだわりこそワンランク上の女性の秘訣

normal_98593943-1

ROOM211 – lace layered onepiece ¥31,320(税込)

ワンアイテムでモード感漂うセレクトショップ『ROOM211』のオリジナルレイヤードワンピース。緩やかなこなれ感のあるフォルムでも、ウエストはギャザーを寄せてコーディネートにメリハリを効かせます。あえて斜めに広がる別布のレースで、他にはないオリジナリティー溢れる一着に。ギャザーの紐には異素材のリボンを使い、肩にはシルバーのワンポイントを加えるなど、細部にまでこだわることで生まれる唯一無二の存在感を楽しんで。

 

リラックススタイルにもファッション性を忘れずに

normal_98593943-1

Viden – Pert Dress ¥38,232(税込)

アシンメトリーに入ったギャザーデザインが生み出す美しいシルエットが特徴の『Viden』のパート・ドレス。リラックスしたデザインだからこそ 、これからの季節はブーティを合わせてドレスアップするのがおすすめ。テロっとした素材感は、ついついヘビロテしたくなるはず。今年の秋支度に、一着いかがですか?

大人の甘辛ミックスで差をつけて

LOKITHO – Lay and laceline Dress ¥52,920(税込)

東京ブランド『LOKITHO(ロキト)』からは、透け感のあるデコルテが女性らしいアイテムをピックアップ。ハイウエストの切り替えがスタイルアップも叶えてくれます。ギャザーを寄せた袖口のボリュームで、さりげなく甘さもプラス。後ろが長めにデザインされたアシンメトリーな裾は、前からのAラインも横からのシルエットも美しく見せてくれます。シンプルな中にこだわりを持たせた上品ワンピースは、この先長く使えそう。

大人ガーリーにおすすめ2way花柄ワンピース

normal_98593943-1

LOKITHO – botanical check gown ¥70,200(税込)

同じく『LOKITHO』から、落ち着きのある大人な花柄が人目を惹くガウンワンピースをご紹介。流行りのマキシ丈で、ボヘミアンな風を吹かせてみてはいかが?前を開けて着るガウン使いは、秋口から重宝しそうな予感。付属のリボンでウエストマークしながら、たまには大人の甘さを醸し出してみてはどうでしょう。

 大胆な柄もきこなす女性に

normal_98593943-1

Plage – ne Quittez pas gold emb ベルトワンピース ¥48,600(税込)

『Plage』がおすすめしてくれたのは、日本人デザイナーによって発案された繊細な刺繍とレースが特徴のロングワンピース。大きめの柄も、透け感のあるライトなブラックワンピースなら挑戦できます。シンプルなシルバーアクセサリーを合わせれば、フォーマルなシーンでも大活躍!パーティーも増えてくるこれからの季節に、持っていて助かること間違いありません。

あなたらしい一点は見つかりましたか?大人女子だってまだまだ夢を見ていいはず。自分がなりたい自分を、この秋こだわりのブラックワンピースで叶えましょう。

MORE FOR YOU

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。

WHAT'S NEW

今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
非Tシャツ派にも薦めたい〈アメリカーナ〉の別注フットボールTシャツ!
今年欲しいのはコレ!アダム エ ロペの夏ワンピースをチェック。
たまにはプリントTも! ゆる〜いムード漂う4枚。
夏のお出かけ感をアップ!〈ヤーキ〉のレザー巾着バッグ
見た目も新鮮!ビュレのベルトトートバッグ #今コレが欲しい!
夏の足元を支えるご機嫌なサンダル4足

RANKING

  1. 今年の夏はシャツが着たい!おすすめはこの3枚。
  2. 代官山・恵比寿のレディースブランド・セレクトショップまとめ
  3. アンダー5千円で発見。トレンドも押さえたファッションサングラス。
  4. 写真家・森栄喜が詩で挑む新たな表現『A Poet : We See a Rainbow』
  5. おしゃれの敵…!汗染みが目立たない服選びのポイント6つ