FACY 1タップで 出会える 話せる

FASHION

「ボア×コーデュロイ」の異素材使いが可愛い!『RPKO』のショートアウターが気になる!

長袖トップス一枚では何となく寂しいこの季節。ロングコートは冬の楽しみとして取っておきたい今の気分には、ショートアウターがおすすめです。丈感も素材感もおすすめどころいっぱいの一点を『RPKO(ルプコ)』からピックアップ。FACY公式ショップ『ROBE(ローブ)』の一押しを見逃さないで!

トレンドのボアアウター

normal_98593943-1

RPKO – ショートアウター ¥51,840(税込)

“着る人にエネルギーと自信を与え、普段よりも明るい気分にさせてくれる服”をコンセプトにする『RPKO(ルプコ)』。2018年秋冬コレクションのテーマは、レトロで鮮やかな服をモダンに蘇らせる意味を込めて「Grandma’s Old Deesser」なんだとか。

コレクションの中でも目を引いたショートアウターのポイントは何と言っても「ボア×コーデュロイ」の異素材使い。秋冬の定番素材を組み合わせて、他にはない存在感を生み出します。ふわふわの見かけによらず、軽い着心地も嬉しいところ。

首元のベルトとファスナーサイドには、光沢感のある合皮素材をプラス。柔らかい生地感の中にクールな印象を添えて、甘いだけじゃない大人アウターな表情を見せられます。

ボルドーの色味でちょっぴり大人な差し色を。カジュアルシーンはもちろん、写真のようにワンピースとも合わせられる着回しの優秀さも推しポイント!

一着持っていたら使えること間違いないショートアウターは早めにゲットするべし。見た目だけでなく着心地や素材感も大切に、特別なアイテムを選んでみてくださいね。

RPKO 2018年秋冬コレクション

「Grandma’s Old Dresser」をテーマに、おばあちゃんのクローゼットの中をモダンに蘇らせたような、レトロで鮮やかな色彩のウェアが並ぶコレクション。

RPKO 2018AW ルックはこちら

**RPKO(ルプコ)**
デザイナーは中川美智子。ブランド名はロシア語で “明るみ” “鮮烈”という意味を持つЯPKOをローマ字のまま発音し、文字のインスピレーションを素直に表現した造語。ブランドコンセプトは“Bright steps”。着る人の背中を少しだけ押し、光に導いてくれるようなスタイルを作り出す。

 

サイズや生地の風合いなど、アイテムの気になるところは直接ショップスタッフに聞いてみましょう。FACYならチャットで会話をしながら買物を楽しむことができます。

MORE FOR YOU

おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート

WHAT'S NEW

おしゃれ女子の足元はクラークス(CLARKS)
メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
キャンプ女子のための冬の寒さ必勝法ナンガ(NANGA)
ザ ノースフェイス(THE NORTH FACE)のダウンジャケットで楽しむゴープコア
釣りガール注目のダウンジャケット ダイワピア39(DAIWA PIER39)
コーディネートにも取り入れたい機能性スカーフ

RANKING

  1. メンズライクの腕元にはセイコー(SEIKO)がおすすめ
  2. アーペーセー(A.P.C)で学ぶデニムのユニセックスコーディネート
  3. 大人女子のためのコンバース オールスーター(CONVERSE ALLSTAR)再入門
  4. 古着っぽく取り入れたいカーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)
  5. ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)はメンズライクに